ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
 石崎幸二 の記事一覧
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『首鳴き鬼の島』 石崎幸二 東京創元社 
2007.10.22.Mon / 15:21 
首鳴き鬼の島 (ミステリ・フロンティア 35)首鳴き鬼の島 (ミステリ・フロンティア 35)
(2007/08)
石崎 幸二

商品詳細を見る

  ★★★★

 す、すごかった。

 いや、なにがって、怒涛のラストもすごかったが、本格をここまで古典的な作法で創り込んでいるのが、すごい。舞台設定から人物描写の薄さまで、果ては、関係者一同を集めての謎解きに至るまで、見事にステレオタイプだったのだ。しかもこんな無味乾燥のプロットを最後には「おお!」と唸らせてしまうのだから、その手腕に脱帽してしまった。まさに恐れ入ったという感である。

 嵐の夜、相模湾に浮かぶ孤島で、外部に連絡できないまま資産家の館では、次々に切断された死体が転がってゆく。なぜ身体を切断されるのか。それは、首を切られた鬼が夜な夜な鳴いて首を求めて彷徨っているという「首鳴き鬼」の伝説を元に行われているからだ、という。その伝説を取材するために訪れていた雑誌編集者の稲口とその女友達の茜は、後継者問題をバックに「見立て殺人」の連続殺人事件に巻き込まれる。

 まず、「見立て殺人」というのに笑った。いいなあ、こういうの。わかりやすくて好き。あと、トリックのロジックが素晴らしかった。ということで、人物描写が記号のようで頼りないとか、会話文でストーリーを引っ張っていくのは勘弁してほしいとか、化学の教科書のような説明は要らないとか、色々と不満があるが、これはまあ本格ということでしょうがないかな。でも本格として良かったのだからOKでしょう。

 お勧め? あ、しません。でも本格ファンには読んでほしいなあ。

 ということで、怖かった。誰が?
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。