ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
 小川勝己 の記事一覧
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『この指とまれ』 小川勝己 実業之日本社 
2007.10.19.Fri / 22:00 
この指とまれ  -GONBEN-この指とまれ -GONBEN-
(2007/09/19)
小川 勝己

商品詳細を見る

  ★★★★☆

 クライムサスペンスだ。といっても深刻で息が詰まるようなものではなく、どちらかといえば若者特有の軽いノリでやってしまうというもの。仕掛けるのは、男女の学生犯罪集団だ。初めのうちは、ぼったくりバーから闇金融へ引きずり込むという胸糞悪くなるような手口。そのうちコンゲームに勢いが増して、ついには同業の詐欺師を敵に回すという大掛かりなものになってゆく。果ては、ヤクザにまで累が及んでゆき、仕舞いには警察まで!?と、かなりハイテンポで事が進んでゆく。騙す者と騙させる者の視点で書かれているため、ヒヤヒヤハラハラと、いったい最後はどうなるんだろうと、かなりヤキモキして楽しんだ。

 最初うちは、犯罪と大学生という組み合わせがどうにもしっくりこなくて、軽いノリに辟易してしまったが、だんだんとキャラの心情に同調していったせいか彼らの行く末が気になって捲る手が止まらなくなる。

 とにもかくにも書き下ろし最終章が素晴らしい。これを読むために今までの行動があったのかと、すべてを納得して読み終えた。感嘆すると同時に、この続編をなんとしてでも書いてほしいと切望した。すべてはこれから始まる。乞うご期待、と。

 オススメ。
スポンサーサイト
『ロマンティスト狂い咲き』 小川勝己 早川書房 
2005.08.07.Sun / 22:14 
ロマンティスト狂い咲き (ハヤカワ・ミステリワールド)ロマンティスト狂い咲き (ハヤカワ・ミステリワールド)
(2005/07/21)
小川 勝己

商品詳細を見る

  ★★★

 ああ、この星の数は当てになりません。取り敢えずいい加減に付けました。というのも、出だしからずう~~~っと面白くて、もうこれは星五つは間違いないだろうと思っていたからです。

 ところが、だあー、もお。どうしようもなくぐちゃぐちゃに迷走してしまって、とんでもない代物になっていました。いつもこんな風になるのでしたら、ちょっと考えてしまいますね。でもファンの方にはこういうのが当たり前ですごく面白いのでしょうか。折角面白い作品になりそうでしたのにこれが作風でしたら、本当に残念です。

 作者はこういう破滅型のノワール小説がお好きなのでしょうか。同じように脳みそを撒き散らすのでしたら、私はやはり新堂冬樹のほうが好きです。それは必然性を持って書いてあるので読んでいて逆に楽しめるからです。

 純愛小説ということですが、どこが純愛なのでしょうか。ただセックスに溺れているアホ女が出てくるだけです。恋愛にすらなっていません。どうしようもない駄目な中年男とノータリンな女が逃走します。

 初めての作家さんです。
 なので、この方が今までどんな作品を書いてきたのか全く分からないまま読み始めました。少しホラーテイストがあるというのは訊いたことがありましたので、どこかでおどろおどろしい場面になっていくのかと身構えて読んだのは確かです。

 出だしはめちゃめちゃ好みです。上手いですね。
 作家と編集者の会話なんて、もともとグッとくる設定ですから、ここからして好みです。で、この場面での会話が実に面白い。書き飛ばし専門の三流作家と大手出版社の編集者です。なんか不思議な組み合わせですね。その売れない作家が店内のスタイル抜群のウェイトレスをちらちら横目で見ながら話をするのですから、普通の小説になろうはずがありません。しかもそのウェイトレスに似ているのが、編集者の美人妻というのですから、ますますもって何か起こりそうな予感がします。

 ああ、ほんと。途中まではものすごく面白かったのですよ。
 途中から、まさに狂い咲き。殺人と逃亡生活になってしまって、一体作者は何を書きたかったのか謎です。

 他の作品が全てこんな風だと読む気がしません。
 何かお薦め作品があったら教えてください。
 文章がすごく好みなのです。勿体ないです。
▽Open more.
| BLOG TOP |
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。