ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
 平 安寿子 の記事一覧
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『風に顔をあげて』 平 安寿子 角川書店 
2008.02.21.Thu / 02:01 
風に顔をあげて風に顔をあげて
(2007/12)
平 安寿子

商品詳細を見る

楽天で詳細を見る

  ★★

 これはちょっと好んで読みたいと思う小説ではなかったなあ。主人公が25歳でフリーターという設定がわたしに合わなかったのか、それとも登場人物たちのやる気のなさ、あるいは反対に優等生的言動が伝染したのか、せっかく弾けそうに元気の良い主人公の若さが、だんだんと重苦しいものになってきて、読み進んでいくうちに気分が滅入っていくのには参ってしまった。

 主人公は25歳という年齢を、まだ25歳ではなくて、もう25歳だと思っている。三十になることを思うと焦る「三十怖い病」にかかってしまい、高卒でアルバイトを転々としていること、いつまでもフリーターでいることを思うと、やはり将来のことが不安でしょうがない。ボクシングで頑張っている、ような、彼氏との関係もイマイチ進展がないのも不安。そんな不安定な気持ちのところへ、高校生の弟が「家出した」なんて、しかもホモだとカミングアウト。で、転がり込んできたりするものだから、ますます心の均衡は崩れて、ゆく?

 若い女性の一人語りの小説かと思って読んでいたら、意外と幅広い年齢の人物たちが出てきて楽しませてくれた。だけど、ホモだという弟と母親の喧嘩なんて、そりゃ当たり前のことだろうし、その上、10年前に出て行った父親をしつこく待っている母親の鬱陶しさとか、甲斐性がないだけじゃなくて浮気までするような彼氏とのごたごたとか、とにかく何やらかやら降りかかってきて、25歳ってどうよ、という小説だった。

 ま、早い話が楽しい小説ではなかったということで、すんません。
スポンサーサイト
『センチメンタル・サバイバル』 平安寿子 マガジンハウス 
2006.06.24.Sat / 02:02 
センチメンタル・サバイバルセンチメンタル・サバイバル
(2006/01/19)
平 安寿子

商品詳細を見る

  ★★★★

 うん、巧い。

 初読みでしたが、なかなか楽しんで読むことができました。初めは文体に慣れなくてちょっと戸惑ってしまったのですが、すぐにスラスラと頭の中に入ってきて、逆に、物凄く自然体で読むことができました。これにはちょっと吃驚してしまいました。巧いですね。

 るかは24歳のフリーター。48歳で独身のキャリアウーマンである叔母の龍子と同居することから始まる人生訓話です。と言っても、中心になるのは、二人の軽妙でユーモラスな会話です。叔母の龍子を通して語られる持論が、目から鱗で、なかなか楽しい。48歳というのは結構年齢がいってるせいか、少々愚痴っぽくて、説教臭いところがあるのですが、気づいたときはすっかりこのハイテンションに慣れていて、思わず頷いて膝を叩いていました。ちょっと古臭いなと感じるところもあるのですが、会話の絶妙さがなかなか楽しいです。

 るかちゃん自身がボーっとしている女の子という設定なのか、周りの人物たちが個性揃いで脇を固めてくれていました。高校中退の独立心旺盛な女の子や、あまり友達にはなりたくないと思うような美人の画家。それから現実離れしている画材店の雇われ店長や可愛らしい左官屋さん。

 ヒモと同棲をしているミス・パーフェクトの話や、60歳のダンスのインストラクターをやっているビジネス・ウーマンの話を読むのは、働く女性側からの言い分がビシバシ伝わってきて考えさせられるものがありましたね。対して、専業主婦の立場からの意見は、るかの母親が代弁してくれていて、これまた考えるものがありました。

 無気力なフリーターである「るか」がこれからどんな道を選び進んでいくのかわからないのですが、ひとまず自分の方向性は見つけたようなので一安心というところでしょうか。主人公「るか」の無気力っぷりがあまりにも魅力がなかったのが残念でしたが、歳を重ねてきた人の話を聞くのは、本当に楽しかったです。
| BLOG TOP |
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。