ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
 フィリップ・K・ディック  の記事一覧
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』 フィリップ・K・ディック 早川書房 
2008.04.17.Thu / 02:41 
アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))
(1977/03)
浅倉 久志、フィリップ・K・ディック 他

商品詳細を見る

  ★★★

 映画『ブレードランナー』の原作であり、タイトルが印象的なSFの古典。ずっと気になっていたのをたまたま図書館で見つけて読んでみた。

 高度な知能を持った精巧なアンドロイドと人間をどうやったら見分けられるかという設定が非常に面白くて、派手なアクションはなくても、それぞれの心理描写だけでぐいぐい読んでいけた。かなり昔の作品であったが、2008年の現在でも十分に楽しめた。ただ、素直にエンターテインメントとして楽しむには、少々手に余る感じがした。一つには、この世界観が単純ではなく、真下にある墓穴世界が非現実的で、いったいマーサー教とやらが、アンドロイドを狩ることと、どういうふうに繋がるのか、一度読んだくらいでは理解できないということだ。それと、火星から逃亡してきたアンドロイド8人に対して、問答無用で殺される理由がはっきりしないということ。SF読みのセンスがないと言われればその通りだし、己のお粗末さが露呈してしまうが、こういう哲学的なところがあって、結局、読後が微妙な気持ちになってしまった。

 ということで、ハリソン・フォード主演の『ブレードランナー』を観て、映像で楽しみたいと思う。ちなみに専任捜査官の“ブレードランナー”という言葉も、火星から脱走してきて人間社会に紛れ込んだ“レプリカント”という言葉も、本書にはない。

ブレードランナー ファイナル・カット スペシャル・エディション (2枚組)ブレードランナー ファイナル・カット スペシャル・エディション (2枚組)
(2008/06/11)
ルトガー・ハウアー、ダリル・ハンナ 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。