ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
 柳広司 の記事一覧
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ジョーカー・ゲーム』 柳広司 角川書店 
2008.10.02.Thu / 23:04 
ジョーカー・ゲームジョーカー・ゲーム
(2008/08/29)
柳 広司

商品詳細を見る
楽天で詳細を見る


 戦時中、帝国陸軍内にスパイ養成学校が設立される。《D機関》である。作ったのは、敵国での拷問によって障害を抱えてしまった伝説のスパイ、結城中佐だった。

 本書は、そのD機関にまつわる連作短編集である。

 柳広司の戦争モノは積極的に読みたいと思うものではないし、このジョーカー・ゲームも、表紙の胡散臭いおっさんのイラストを見てスルーしようかと思ったくらいだ。しかも悪名高い憲兵隊もでてくるらしいし。どうせ戦時中のしめっぽい話を読ませられるんじゃないかと。第一、ジェームズボンドじゃあるまいし、スパイが派手でカッコイイはずがないではないか。無個性にならなきゃならないし、人としての存在感なんてあってはならんのだよ。気が滅入る話ばかりになるんじゃないかなあ、と読む前から腰が引けてしまった。

 杞憂であった。どの話もまるで現代のミステリを読んでいるように胸が踊るように楽しかった。まさに出色の出来映えだった。

 一番の成功は、やはり元スパイの結城教官の存在だろう。スパイとはどうものであるべきなか、諄々と説き聞かせる内容は、なるほどと膝を打ってしまうものだし、またそれを軽々とやってしまう化け物のような彼らの活躍は、読んでいても胸がすくのである。ラストの結城の言葉にはぐっときて胸が一杯になってしまった。

 お薦め。


トラックバック
・「粋な提案」http://1iki.blog19.fc2.com/blog-entry-749.html

スポンサーサイト
| BLOG TOP |
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。