ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
 デニス・ルヘイン の記事一覧
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『運命の日』 デイス・ルヘイン 早川書房 
2008.11.04.Tue / 23:49 
運命の日 上 (1) (ハヤカワ・ノヴェルズ) (ハヤカワ・ノヴェルズ) (ハヤカワ・ノヴェルズ)運命の日 上 (1) (ハヤカワ・ノヴェルズ) (ハヤカワ・ノヴェルズ) (ハヤカワ・ノヴェルズ)
(2008/08/22)
デニス・ルヘイン

商品詳細を見る

運命の日 下 (ハヤカワ・ノヴェルズ) (ハヤカワ・ノヴェルズ) (ハヤカワ・ノヴェルズ)運命の日 下 (ハヤカワ・ノヴェルズ) (ハヤカワ・ノヴェルズ) (ハヤカワ・ノヴェルズ)
(2008/08/22)
デニス・ルヘイン

商品詳細を見る

 1019年のボストン。ついに警官たちはストライキを決行する。暴動が起こり、ボストンは大混乱に陥る。この運命の日、物語は一気に怒涛のクライマックスへと加速する。

 しかし、読み終えてみて感じたことは、いったい自分は今まで何を読んできたのかということ。結局、主人公たちが得たものは、なんだったのか。素晴らしいもののように描かれているが、失ったもののほうが遥かに大きく思えて、壮大な物語を読んできた割に、達成感も少なく、じんとくるものがなかった。

 たとえば、普通に生きている黒人を、何の感情も交えずにいきなり銃で撃ち殺す警官がいる。吐き気を催す場面だし、この時代の人種差別の酷さを垣間見る思いがする。しかし、実は全篇にそれほど痛ましい描写があるわけでもなく、おぼろげに感じる程度なのだ。このように、物語の中に、真に迫るリアリティさを感じないのであれば、やはり自分は歴史小説を読む資格がないのだろう。
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。