ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
 アンドリュウ・ガーヴ の記事一覧
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ヒルダよ眠れ』 アンドリュウ・ガーヴ ハヤカワ・ミステリ文庫 
2008.11.26.Wed / 00:02 
ヒルダよ眠れ (ハヤカワ・ミステリ文庫 カ 3-4)ヒルダよ眠れ (ハヤカワ・ミステリ文庫 カ 3-4)
(2008/09/05)
アンドリュウ・ガーヴ

商品詳細を見る
楽天で詳細を見る

アンドリュウ・ガーヴの代表作である『ヒルダよ眠れ』が新訳で復刊されたので読んでみた。

 結論は、やはり相当面白かったということだ。

 50年以上前の作品であるが、年代的な古臭さが気にならないくらいサクサクと読めた。

とにかく、奇妙な死に方をした妻ヒルダが印象的。帰宅した夫ランバートが、ガスの充満した台所で見つけたのは、ガスオーブンに頭を突っ込んで死でいた妻ヒルダだった。当初、ヒルダの死はガス自殺だと思われたが、状況はランバートに不利なことばかり。ついには犯人として捕まってしまう。裁判が始まってしまうと、死刑になるかもしれないというのだ。そのとき休暇中で帰国したマックスは、親友の無実を信じ、彼を救うためにヒルダのことを聞いて回る。

 この作品は、真犯人を見つける楽しみより、ヒルダその人に大きく興味を覚えるのだった。

 読みは初めてすぐに、ヒルダの特異な性格が浮き彫りにされてくる。家政婦に聞いてもそうだし、ヒルダの弟夫婦に至っては、「殺されてもしかたがない」とまで断言するのだ。親切なようで押し付けがましい。馴れ馴れしく、自分を卑下しているようで実は尊大。はっきり嫌だと断っているのに、聞く耳を持たず、自分の勝手に行動する。それほどまでに人を不快にさせるヒルダという女性とは、いったいどういう家庭に育ち、どういう青春時代を過ごしたのか。

 だんだんと、ヒルダの輪郭がはっきりしてくるのだが、なぜこんな特異な人間ができあがったのか不可解で、それはおそらく厳格な両親の育て方に問題があったようだが、それでも人の話を聞かない、あるいは不愉快にさせることには天才的な性格ができあがったのが不思議であった。読み進めるうちに、ヒルダの性格が、まるでホラーの様相を呈してくるのだった。このへんはぞくぞくするほど面白い。殺したいから殺した。確かにそうかもしれない。

 お薦め。

スポンサーサイト
| BLOG TOP |
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。