ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
 池井戸潤 の記事一覧
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『空飛ぶタイヤ』 池井戸潤 実業之日本社 
2007.01.26.Fri / 14:40 
空飛ぶタイヤ空飛ぶタイヤ
(2006/09/15)
池井戸 潤

商品詳細を見る

 面白かった。面白かった。面白かった。
 
 あと100回くらい叫びたい。なんど文字が涙で滲み、昂奮して鳥肌が立ったかわからない。直球ど真ん中のエンターテイメント小説だった。
 
 本書はフィクションだと巻末にあるが、2002年に起きた三菱自動車リコール隠蔽事件がモチーフとなっているのは明らかだ。大型トレーラーから脱輪したタイヤが歩道を歩いていた母子を直撃したのと同様の事故から物語は始まる。男児は軽症だったが、母親は死亡。トレーラーを所有していた「赤松運送」には、スピード違反と過積載違反はなかったものの整備不良の疑いをかけられ家宅捜査が入る。遺族からは容赦ない怒りをぶつけられ、長年の取引先にも逃げられ、おまけにメインバンクからは返済を迫られて倒産の危機に陥る。製造元の自動車会社にはなんの過失もなかったのであろうか。旧財閥系企業のリコール隠しに一人立ち向かうことを決心した社長の赤松は、全国を回って真相を突き止めようとする。
 
 物語は、中小企業の社長である赤松の視点を中心に、巨大企業であるホープ自動車側の目線からも描かれる。重役や社員。さらに、系列会社の銀行員や週刊誌の記者。と、立場の違うさまざまな人物を登場させた緻密な描写はリアリティを高めていく。
 
 なぜ企業は隠蔽を繰り返すのか。本書を読むと、それがよくわかる。官僚以上に官僚的な体質。足の引っ張り合いだけを考えているような社員。事なかれ主義の幹部。そういったことが物事の本質を見誤るのだ。企業内におれば一個人ではどうしようもないことが出てくるのは当たり前だ。だがそれにしても旧財閥系巨大企業の傲慢な態度は読んでいて腹立たしくなるばかりだ。人の命より利益優先といった腐った体質はトップも末端も変わりがないというのは、驚きを通り越して怒りを覚えるのだった。
 
 と言った具合に、企業小説としても大変優れている。だが、この小説の一番の面白いところは町の運送会社の赤松社長が、苦しくて苦しくて死にたくなる状況においても歯を食いしばって耐え、家族や従業員に支えられながら巨大悪と闘って打ち勝つところにある。その痛快さに胸の震えるような快感を覚えるのだ。そして社長業だけでなく息子の父親として、またPTA会長として、次から次に圧し掛かってくる難題にきちんと立ち向かう姿勢にこれまた感動するのだった。そしてそういった、さまざまな登場人物の苦悩や打算、人としての感情を丁寧に描いてくれたことに感謝したい。ベタなエピソードもたくさんあって、それがまた嬉しい。
 
 二段組500ページ近い小説である。だが少しも長さを感じさせない小説である。読み出したら止められない、ノンストップの一気読み小説だった。
 
 オススメ。
▽Open more.
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。