ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
 仁木英之 の記事一覧
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『僕僕先生』 仁木英之 新潮社 
2007.02.03.Sat / 03:13 
僕僕先生 僕僕先生
仁木 英之 (2006/11/21)
新潮社
この商品の詳細を見る

 第18回日本ファンタジーノベル大賞大賞受賞作品。
 
 ファンタジーなんて嫌いだし、おまけに中国の歴史がてんこ盛りだというので普段だったらWにパスする作品なんだけど、やけに面白いという感想が聞こえてくるものだから読んでみた。
 あら、さくさく読めるじゃないの。
 漢字なんてちっともわからないんだけど、意外と読みやすい。
 中国の史実が判っていると、もっと楽しめたかも。
 
 ボクとキミの世界で成り立っている小説だった。タイトルからして「ボクボク」だしね。「姓は僕、名も僕、字(あざな)はそうだな、野人とでもしておくか」。と、自己紹介してくれているのか、人を煙に巻いているのか分からない御仁。しかもこの僕先生、仙人なのに可愛らしい少女の姿をしているし、口が悪いったらない。そんなふうだから、初対面からやられっぱなしで分が悪い王弁くん。とまあ、少女の姿をした「ボク」先生が、純情で気弱なニートの青年をかどわかして手玉にとるという話。あ、ちがった。雲に乗って、駿馬を走らせて、天地を駆け抜けながら二人で旅をするうちに、王弁青年が「ボク」に恋していく話だ。世界は二人のために、ってね。だけどほら、そこは何千何万年も生き続けている仙人だから一筋縄ではいかない。姿だって、可愛らしい少女の姿をしているが、もしかして本当は白髪白髭のジジイかもしれないじゃないの。気持ちはちじに乱れる、というわけ。しかも仙人と一緒の旅なんて平穏無事なはずがない。毎回刺激的で結構苦労させられる。師匠と弟子。果たして二人は、無事に家に戻ってこれるのだろうか。

「行くよ」
「行くってどこにです?」
 
 
 このセリフにはじんときたなあ。
 
 ということで、のんびりした柔らかい雰囲気がとても好ましい作品。
 面白かったです。


スポンサーサイト
| BLOG TOP |
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。