ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
 真保裕一 の記事一覧
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『追伸』 真保裕一 文藝春秋 
2007.10.14.Sun / 22:01 
追伸追伸
(2007/09)
真保 裕一

商品詳細を見る

楽天で詳細を見る

  ★★★★☆
 
 離婚してほしいと、ギリシャに赴任した夫に離婚届を送りつけた妻。一方、夫は、いきなり妻に手紙でそんなことを言われて戸惑うだけ。一度は仕事を辞めてギリシャに一緒について行くと言ってくれた妻なのだ。出発直前になって交通事故に遭い入院したとはいえ、治療後はギリシャに発つ手筈になっていた。それがどうして突然約束を破り、事もあろうにいきなり離婚などと言い出したのか。物語は夫婦の往復書簡から始まって、妻の祖父母の往復書簡に発展してゆく。
 
 どちらの手紙にも、妻のほうから離婚してほしいという願いが切々と綴られている。それに対して、夫どもはただひたすら妻の気持ちを伺い、引き留めるしかない。
 
 自分は罪を犯した、だからあなたとは暮らせない、別れてください、何度も何度も繰り返して言う。どんなに説得しようとも頑として応じないし、またその理由も言わない。
 
 読み進めるうち、何故こうまでして拒絶するのか、何が妻をここまでさせるのか。疑問と疑惑が沸いてくる。だが、恐ろしいまでの意思と熱情が伝わってきて、そんなことはどうでもいいことのように思えてくる。ただ、だからといって、全面的にこの物語を指示できるかと言えば、残念だが、否と言うしかない。どちらの妻とはいえないが、あまりにも身勝手すぎて共感できなかった。最近、真保のキャラクター作りには首を傾げてしまうことが多いように思う。
 
 と、色々と愚痴を言ってしまったが、これは凄かった。一気読みである。

 手紙の形をとったミステリーだった。だが、これは紛れもないラブレターであり、恋愛小説である。相手を気遣い、自分の気持ちを切々と綴っていく手紙は、どこを切り取っても胸が詰まってくるし、熱いものが込みあげてくる。そして、ここまで妻と夫の気持ちを書き上げた真保の筆力に驚嘆するとともに感服してしまう。
 
 お薦め。


追記
 真保さんはこれで直木賞が獲れるんじゃないでしょうか。
 というか、直木賞向けの作品ですね、これは。
スポンサーサイト
『最愛』 真保裕一 新潮社 
2007.03.11.Sun / 23:17 
最愛最愛
(2007/01/19)
真保 裕一

商品詳細を見る

  ★★

 勤務小児科医の押村悟郎のもとへ、ある日、警視庁から連絡が入る。18年前に別れたまま音信不通だった二歳上の姉の千賀子が、頭に銃弾を撃ち込まれ、右半身も重度の火傷を負い、意識不明の重体で救急病院に運ばれたのだという。暴力団がらみの金融業者の事務所にガソリンを持って乗り込んだと疑われている姉。なぜかその前日に婚姻届を出しており、しかもその相手の男には殺人の前科があった。姉が瀕死の重体であるにも関わらず、夫とされる伊吹は姿を現さないまま行方を絶っていた。アパートには多額の預金通帳があり、それがすっかり引き出されていた。事故か事件か。悟郎は、姉の生活や行動を調べていくうちに、さまざまな謎に出合っていく。
 
 真保はこの話を読者にどういうふうに読ませたかったのだろうか。主人公の悟郎の目を通して多くの謎を追いかけ、姉の人生に迫ることで慟哭するほどの純愛を見せたかったのであろうか。それならば、この内容では失敗だったと言わざるを得ない。本書はミステリ、というよりサスペンスの体裁をとっているが、ラストの真実に辿り着くまでがとにかく冗長すぎる。次から次に出てくる謎は興味を引くし、ぐいぐい物語の中へ引き込まれてゆくものの、その解決は遅々として進まず、ああ、また同じパターンなのかと、どうでもよくなっていく。一番の失敗は姉のエピソードである。彼女の性格や生き方は決して共感できるものではなく、無謀としか映らないのだ。だから悟郎がどんなに姉のことを凄い人だった、素晴らしかった、と語ろうとも、それは単に悟郎がそう思うだけで、読者としては白けるしかなく、これでは別れた姉弟の本当の理由が最後に明かされても感動することは出来ない。主人公の仕事を小児科医に設定したことは素晴らしいのだが、命の重みや大切さ、あるいは真実の愛を読者に納得させたいのであれば、終盤の語りだけでは不十分である。もっと余りある圧倒的な理由がなければこのテーマで書くことには無理がある。硬質であるが読者を引き込んでゆく筆力が素晴らしいだけに非常に残念であった。
| BLOG TOP |
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。