ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
 梶尾真治 の記事一覧
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『穂足のチカラ』 梶尾真治 新潮社 
2008.10.18.Sat / 01:00 
穂足のチカラ穂足のチカラ
(2008/09)
梶尾 真治

商品詳細を見る
楽天で詳細を見る

 ま、あれですな。やっぱり日本人というのは、ヒーロー物が好きですな。

 うだつの上がらない亭主や、呆けてきた年寄りや、登校拒否の息子や、ヤミ金に手を出したパチンコ依存症の母親や、私生児を産んだ娘や、もうこれ以上崩壊しようの無い家庭が、突如立ち直り、変身して、超然と悪に立ち向かっていくという、勧善懲悪の小説。あれ?

 いやしかし、なんといっても漫画みたいな表紙から、後光が差しているではないか。お互いに問題を抱えてヘタレだった家族が、このイラストのように、きりりとした顔つきに変わるというのは本当。その原因となったのが、赤いビロードの布を引きずっている、3歳児の穂足(ほたる)。なにやら不思議なチカラを持っているとかで、最後は神懸かり的な技を見せてくれた。涙あり、笑いありの、実に痛快な話だった。

 550ページもある小説なので、終盤少々だれる感もあるが、年配の方から若者まで広く楽しめる小説だと思う。

 カジシンが好きな方は是非。
スポンサーサイト
『悲しき人形つかい』 梶尾真治 光文社 
2007.03.29.Thu / 10:21 
悲しき人形つかい 悲しき人形つかい
梶尾 真治 (2007/02)
光文社
この商品の詳細を見る

 不思議系のスラップスティック・コメディ。
 
 ホーキング博士に歩いてもらいたい!という壮大な夢を持つ、無名の天才発明家フーテンは、手足に障害があっても脳波でコントロールできるという画期的な医療用補助器具を発明していた。すなわち脳波誘導ボディフレーム、略してBF。すばらしい頭脳を持っているし立派な発明をするフーテンだったが、そこは天才発明家にあるように、彼はちと常識に欠けていた。なので、このフーテンをずっと影でフォローしていたのが、高校時代からの友人、中岡祐介。今までも持ちつ持たれつの関係であった二人だが、フーテンの研究のせいで近所から苦情が出たため、二人は家賃の安い横嶋町の一軒家に引っ越すことにした。ところが、この横嶋町というのがとんでもない町で、二つの暴力団がシノギを削っているという無法地帯だった。当然、住民は逃げてしまって、後に残っているのは暴力団員だけというホラーのような話。居酒屋で気がついたときには時すでに遅し。暴力団員に囲まれてしまっていた。そんなとき、運がいいのか悪いのか、北村組に所属している高校の同級生、ヒロに会ったことから組同士の抗争に巻き込まれ、挙句の果てに、心臓麻痺で死んだ組長を、BFを使って操縦させられるハメに…。
 
 わははは。しっとりしたタイトルと表紙に完全に騙されてしまった。梶尾真治なのでシリアスなドラマを想像していたのだが、くくく。大変楽しませてもらいました。
 
 何も考えずに笑いたい方へ、結構お薦め。
| BLOG TOP |
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。