ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
 柳原慧 の記事一覧
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『コーリング闇からの声』 柳原慧 宝島社 
2007.06.05.Tue / 20:49 
コーリング闇からの声 コーリング闇からの声
柳原 慧 (2007/03)
宝島社
この商品の詳細を見る

 二人の特殊清掃員が、浴槽の中で死んだ女性の死を巡って、その真相を探っていくというミステリ。

 「特殊清掃」とは、自殺、殺人、焼死、溺死、飛び込み等の遺体処置から特殊清掃までを行い、遺品を処理し整理をして死体の痕跡をきれいに消し去るのが仕事。零と純也は、日々あらゆる死体の現場に赴いていて、室内の死臭・悪臭にも驚くことも少なくなっていた。だが今回の依頼は、浴槽の中でどろどろに溶けた死体を除去するというかなり難易度の高いもの。浴槽に底には携帯電話が落ちており、死ぬ間際に彼女は誰と話そうとしていたのか。現場で、死者が感じていた孤独と恐怖に囚われた純也は、彼女がどうして死ななくてはいけなかったのか、その闇を解き明かしてゆくことにした。

 特殊清掃員ものとしてグログロの内容なのかと思ったが、意外に爽やかにあっさりと描いてくれていた。一文も短く、今までになく軽やかな文体は若々しくて読みやすくてよかった。やはりサクサク読み進められるというのは、謎を追って先が気になっている読者としてはうれしい。

 柳原慧の三作目である。デビュー作はどこかで読んだことのあるようなダイジェスト版だったし、二作目は登場人物の多さに辟易してしまって、けちょんけちょんに貶した記憶があったが、今回は面白かった。ただ性懲りもなく胎盤エキスの話をもってきていたのには、またかと思った。どうも帚木蓬生の『エンブリオ』がお気に入りのようで胎盤を使ったものに執着しているように思えるのは、わたしの気のせいであろうか。とはいえ、女性作家ならではの、美に対するこだわりの妥協のなさはすごい。いくつになっても綺麗になりたいと思うのは誰しもがそうであるように、このあたりの資料の読み込みには感服してしまう。美容整形はテレビでも盛んにやっているし、綺麗になっていく女性を見るのは楽しい。だが、どんなものであるのか漠然と思っていたものが、じつは全く知らないことばかりだったのには驚いてしまった。

 特殊清掃から始まって、SNS、顔面破壊AVなど、かなり調べて盛り込んでいる。仮想のSNSが出てくるが、これはもうミクシィだとしか思えない。ミクシィをやっている人が読めば、そうだそうだと肯くことばかりだと思う。

 そういうわけでミステリとして読むより、サスペンスものとして興味深い謎を追ってゆくほうが楽しめるようである。主役二人のキャラも好感がもてたし、特殊清掃員ものとしてシリーズ化を望みたい。ただ次回はもっとキャラを立ててくれるとうれしい。
スポンサーサイト
『いかさま師』 柳原慧 宝島社 
2007.06.05.Tue / 20:38 
いかさま師  『このミス』大賞シリーズ いかさま師 『このミス』大賞シリーズ
柳原 慧 (2005/07/16)
宝島社
この商品の詳細を見る

 『コーリング 闇からの声』を読んだのでデビュー二作目の『いかさま師』の感想を載せておきます。2005年11月4日に「でこぽんの読書日記」にエントリしたものです。転載しておきます。

***********:

 表紙カバーが、ジョルジュ・ド・ラトゥールの「いかさま師」なんですね。この絵はいいですね。

 久しぶりにあらすじでも書こうかと思いましたが、登場人物がいっぱい出てきて、私の脳の許容量をオーバーしてしまったため挫折してしまいました。ていうか、どうも私は柳原慧の良い読者じゃないようです。
ジョルジュ・ド・ラトゥールを巡る名画ミステリーですな。で、『ダ・ヴィンチ・コード』を軽くしたようなものなので、こういった絵画についての薀蓄がお好きな方にお薦めしたいと思います。

 無名の天才画家・鷲沢絖の遺言状が発見されて、絵画を巡る遺産相続が起こる。絵画を譲られた主人公の高林紗貴は、とんでもない価値を秘めたジョルジュ・ド・ラ・トゥールの絵の行方を探っていくうちに、紗貴の周りでは不穏な出来事が起こり始める。ということで、誰が味方で、誰が敵なのか。「いかさま師」とは誰のことであるのか。
登場人物の誰もが怪しく思えてきます。

 このミス大賞の『パーフェクト・プラン』では、アイテムの詰め込みすぎで何かのダイジェスト版のような感じがしましたが、スピード感溢れるストーリーは面白かったです。今回は、絵画の行方という、ただ一点の謎ということで物語的にはシンプルなのですが、登場人物紹介があるように、とにかくぞろぞろと出てくるのには辟易してしまって、私のお馬鹿な頭ではあまり楽しめなかったです。誰が本当の父親で、誰が誰の子供なのか混乱してしまって、すんません、頭が悪くて。何度も人物紹介を見てしまいましたよ。海外ものでもほとんど見ないのに。それっていうのも、文章が好みじゃないっていうのも原因なのでしょうか。

 オチは、読めてしまって想像通りでしたが、嫌じゃなかったです。人間の「裏」と「表」を見せられ、真実はどこにあるのか。いろんな人間の思惑を見せつけられて面白かったです。まあ、絵画ミステリとして無難な作品でしょうか。

評価: 星2個半
| BLOG TOP |
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。