ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2006年07月の記事一覧
≪06month
This 2006.07 Month All
08month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『夜をゆく飛行機』 角田光代 中央公論新社 
2006.07.28.Fri / 22:51 
夜をゆく飛行機夜をゆく飛行機
(2006/07)
角田 光代

商品詳細を見る

  ★★★★☆

 真っ当な家族小説である。だが、なぜこんな回顧的なぬるま湯の小説を角田が書くのかわからなかった。きっと自分自身が幸せだと思っているから、こんなからからと乾いたような小説を書くのだろうと変に勘ぐってみたり。だけど一家のアルバムは、だんだんと私のなかに染み込んでゆき主人公と一緒に体験することになるのだった。

 主人公は酒屋の四女の里々子である。四女ということで、いつも割が合わないような、それでいて、姉たちから可愛がられているような、なんとも羨ましい立場にある。だけどよくよく考えてみれば、高校生の彼女の目を通して語られる日々は、わたしにとってはなんら真新しいことはないし、ましてや里々子にとってもそれほど楽しくて幸せな日々というわけではなかったのだ。それなのに、ぽつぽつと心に響いてくるのは、どんなに疎ましくて詰まらないことでも、
 
 それが変わらずに懐かしい日々の思い出として誰の胸にもあるからだろう。
 だが、いつまでも変わらずに続いていくと思っていた家族は、年齢を重ねていけばやっぱり悲しい出来事も多くでてくる。なかでも身内の死というものはやはりどうしようもなく辛い。でも角田はその死でさえ、しめっぽくならないようにカラっと乾いた手触りで表現していくのである。父親が親戚に知らせるのは正月三が日が過ぎてからでよいと言うのにはずっこけてしまった。いやはや、これは目新しい。

 あるいは、家族から小説家が出るとか出ないとかいう仰々しい話もあるが、御自身の体験がもとになっているようでこれまた楽しい。そうかと言えば、焼けぼっくりに火が付いた姉の話は、とたんにしんみりとして、違和感がありまくりなのにやっぱり乾いていて良い。

 だけど、そんな話も若い里々子にとってはどんなふうに見えるのだろう。果たしてこれは刺激的なことなんだろうか。彼女の淡々とした態度がことのほか新鮮に見えてしまうのである。滑稽で騒々しい出来事も、時が経てばセピア色に染まってしまうからだろう。だからこそ、そのときそのときの気持ちは泣きたくなるほど切ないのである。里々子の恋の話を読んでいると尚更そう思ってしまうのだった。恋をしている相手の男から理不尽な言葉を投げつけられる里々子。これこそ角田の小説だと思う。こんなムカつく男についていこうと思う里々子が健気である。そんな話を書く角田はやっぱり面白い。

 いつのときも変わらぬようで変わっていくのが家族である。夜の飛行機を眺めてふと思う里々子の横顔が、かつて遠い日に思っていた自分自身と重なってしまうのであった。

スポンサーサイト
『初恋温泉』 吉田修一 集英社 
2006.07.21.Fri / 21:14 
初恋温泉初恋温泉
(2006/06)
吉田 修一

商品詳細を見る

  ★★★★★

 舞台は、非日常的な空間である温泉宿である。ただそれだけでいつもとは違った感情が芽生えるものであるが、離婚を決めた二人にとってこの温泉宿はどういう意味をもつのであろうか。湯船の中で語るふたりの言葉に、こちらまで長湯でのぼせるような気分を味わう「初恋温泉」であった。この表題作が抜群に良い。吉田修一の力量からいえば、これくらいの作品は描いて当然であろうが、それにしてもこの静謐な文章から紡ぎだされる静寂な空気には感動してしまう。周りの音が止み、ただただ物語の世界に浸れる幸せは何物にも代えがたい。

 他に「白雪温泉」「ためらいの湯」「風来温泉」「純情温泉」がある。さまざまな年代の温泉旅行。温泉はやはり男女で行くほうがしっくりくるような気がする。湯にゆっくり浸かり、美味しいものを頂いて、日頃の不満や疲れを癒してゆく。湯にさざ波が起こるように男と女の気持ちのなかにもさざ波が起こる。少し世俗から離れて別の空間に行けば、また違った気持ちも沸き起こるであろう。

 構成もまた一段と素晴らしい。高校生カップルを描いた最後の「純情温泉」。ずっと君一筋だ、と永遠の愛を誓った男は、さて本当に将来いつまでもひとりの女を愛し続けることができるのであろうか。最初の「初恋温泉」を再読してみると面白い。

 きっとお気に入りの作品が見つかると思います。

 お薦めです。
『女ともだち』 真梨幸子 講談社 
2006.07.20.Thu / 10:56 
女ともだち女ともだち
(2006/06/23)
真梨 幸子

商品詳細を見る

  ★★★★☆

 東電OL殺人事件を彷彿される展開。桐野夏生のようなドロドロとした感情の垂れ流しが面白いインタビュー形式。女性ライターの取材と記事によって事件の全貌があらわになっていく様は非常に面白かったです。二転三転していく話も、ミステリーだと思えば面白いと思うことこそあれ、不満はなかった。ところが、「なんだ、そういうオチか」と、最後のどんでん返しで白けてしまった。

 ミステリー小説のための彩りとしか思えないような脚色は、女たちのドロドロした心のうちを楽しみにしてきた者にとってはかなり無理がありますし、どうでもいいことでした。話の流れからして少々強引過ぎたようです。身の回りにあるのだけど、ちょっと度を越した感情を読んでいたつもりが、もっと特殊な事情といったことになってくると、感情面で寄り添うことが出来なくなってしまうし、宙吊り状態になってしまう。興味深いテーマなので、これはこれで別のところで読みたいですね。

 といったところで、テーマも良い、出だしのインパクトも素晴らしい、キャラも立っているし、なにより負の心理描写がとことん巧い。なのに、これがいつも最後までもたないのは、ひとえに構成力に問題があるとしか思えない。だから、嫉妬や競争心やコンプレックスといった誰もが持っている負の感情をさらけ出して、それをミステリー仕立てとしてくれたのは評価できるのだが、その処理の仕方に問題があるため、非常に面白くなりそうな話が、単に怖くて気色の悪い話になってしまうのである。まったく勿体ない話である。

 結局、誰が悪かったのか。所詮、女ともだちというのは、夢物語なのであろうか。

 と、散々なことを言ってきましたが、いろいろと心がざわめいてしまうという意味で、この作品はやはり面白かったです。真梨幸子にはあくまでこの路線を貫いていってほしいですね。これからも追いかけていきます。
▽Open more.
『血は冷たく流れる 異色作家短篇集8』 ロバート・ブロック 早川書房 
2006.07.17.Mon / 13:24 
血は冷たく流れる (異色作家短篇集)
血は冷たく流れる (異色作家短篇集)
(2006/03)
ロバート ブロック

商品詳細を見る



 異色作家短篇集に慣れてきたということもあって、飛びぬけて驚くということはないのだが、不思議系からSF、ファンタジー、ミステリーとバランスよく収められた作品集であった。適度に古びているといのが懐かしさを覚えて、見事に決まるオチとともに愉しんで読めた。

 読者も騙される、気弱な俳優の一世一代の名演技に、なるほどと思うオチが素晴らしい「芝居をつづけろ」。ジャングルの奥地では誰だっておかしくなるだろう、という思いで読むので覚悟ができてしまうのだが、「治療」は犯罪者の狂気がその上をいく職人技を見せてくれる。

 ジャングルの自然の驚異に思いを馳せていたら、次の作品「こわれた夜明け」では、核弾頭が空を飛ぶ現実的な話がまっていた。果たしてどんなパニックが展開されるのかと思えば、いきなり動いているものは誰もいないという、死の街という幻想的な風景が広がる。
 SF作品である「野牛のさすらう国にて」の映像的迫力も素晴らしい。

 タイトルだけでなんとなく話が思い浮かぶものもあれば、「あの豪勢な墓を掘れ!」という意味不明な作品もある。ジャズと麻薬。ホラーテイストもあって、自分の理解の範疇を超えた教授の戸惑いが楽しい。コミカルな作品といえば「うららかな昼さがりの出来事」である。『不思議の国のアリス』を題材にして、現実世界と虚構の世界をいったりきたりする楽しさを味わっていたら、おおっと、現実世界が虚構に飲み込まれてしまったという驚き。巧い。

 これまでオチの巧さを書いてきたが、その中でも引っくり返れそうになったのが「ベッツィーは生きている」である。映画産業の舞台裏の凄さにちょっとした驚きもあり、ま、これは犯罪小説としては面白いけど、なんて悠長に構えていたら、最後の一行で叩きのめされてしまった。

 最後に印象的な作品で終わりにしよう。『デスノート』の元ネタともいえる「針」。良かれと思ってやったことが悲劇を生む物悲しさ。結末は想像できるが、己の人生に置き換えてみたりして、なかなか味わい深い作品であった。


***********

やはり少し古臭い感じはしましたが、
バランスのよい作品集で、面白かったです。
大して期待してなかったというのも良かったかもしれません。
あら、こんなに面白いの?という作品もたくさんあって、
とても楽しめました。

『ドラママチ』 角田光代 文芸春秋 
2006.07.11.Tue / 22:45 
ドラママチドラママチ
(2006/06)
角田 光代

商品詳細を見る

  ★★★★★
 
 面白い。じつに面白い。

 「ドラママチ」というように、5文字のカタカナで表している8編が収められた短編集である。
 
 すかすかした題名に恐々と手に取ってみれば、案の定、わたしにとって面白くもなんともない、時間の無駄のような地味な話が展開されていた。ストレスを溜め込んでストーカー化した女の話なんかつまらんし、テーマは過激でも内容が鬱々としているので、こんなものは読んでいても楽しくない。と、いよいよ角田光代も書く題材がなくなってきたのかと俯きかけたが、いやいやいや、やはり角田光代はさすがであった。
 
 後半の「ゴールマチ」に入ってから俄然、角田らしい話が展開する。生活に密着したその辺に転がっている話を笑える言葉と皮肉な言葉でズサズサと語ってくれているのである。それこそ、いきなり頭の後ろをガツンと叩かれたような衝撃があった。「陰毛に白髪よ」「性交は」というセリフがナチュラルに出てくる角田の小説が好きだ。

 表題作の「ドラママチ」が秀逸であった。

 どの作品にも、もうあまり若くない、半分人生を諦めているような女ばかりが登場して気が滅入ると言えばそうなのだが、この「ドラママチ」は白けている女という意味でとくに印象がある。
 
 この男だ、と思って捕まえた男が、どうもそれほど魅力的で立派な男ではなくなってきていた。6年も付き合ってきて、自分は本当にこの腹の出た男と結婚するのであろうか、と。散々な言葉と一緒に語られる物語は、だけど胸に込み上げてくるものがあった。ほんとに、もう少しで涙がこぼれるところだった。

 その次の「ワカレマチ」もズキズキと心が痛くなるような話で、これもまた良い。そして、全編を通して喫茶店で語られるその数々の話が、なんのことはない言葉だけにやけに心に響いてくるのである。後半からは目が離せなくなって一気読みしてしまった。

 オススメ。
『炎のなかの絵 異色作家短篇集7』 ジョン・コリア 早川書房  
2006.07.09.Sun / 19:04 
炎のなかの絵

ジョン・コリア著 / 村上 啓夫訳

早川書房 (2006.3)

Amazonで詳細を見る



  ★★★

 異色作家短篇集7です。

 異色作家短篇集も、楽しみながら小さい字にひぃひぃ言いながらだいぶ読んできましたので、鈍いわたしでもだいたいどんなものなのかわかってきました。これはあれですね、一気に読むものではないですね。異色というぐらいですから、もともとが奇妙な話が多いんですね。そのなかでもジョン・コリアの作品は群を抜いて妙ちくりんなものばかりでした。オチの落し方もこれでもかと叩き落してくれます。そんなものを一気になんて読んでいたら頭が沸騰してしまいます。そんな訳で楽しみながら、ちびちび読みました。なんじゃこれは、というような漠然としていて何を言いたいのか判らないような、まるで雰囲気だけで強引に推し進めているものもあるのですが、悪魔的な奇妙な味わいのあるファンタスティックなオチがとても素敵な作品集でした。

 39階建てのビルの屋上から毎日1階分ずつ落下する夢を見る男の話。最初の短編、「夢判断」だが、これがすごい。夢物語を精神科医に話していく過程にぞくぞくしてくる。不気味な恐怖を覚えるオチの一撃には参りました。

 これに気をよくして次の作品を読むと、今度は「記念日の贈物」というコミカルな夫婦の話。家中ペットだらけにする妻に蛇を飼おうとそそのかす夫。明るい夫婦の会話に騙されそうだが、どろどろした内情は外に出さないだけ陰鬱である。それをサラッと書いてあるのがジョン・コリアの特徴なのか、こういう一見夫婦の嫌な面をカラッとした雰囲気で表現できるのが面白い。どうでもいいのだが、夫婦の話が多いのはやはり夫婦の嫌な面を描きたいのだろうかとつい邪推してしまった。

 蛇が出てきたように、どうも動物がお好きなようである。猫が主人公の「マドモワゼル・キキ」。題名からすると優雅な気品のある猫が主人公のようだが、意外や、セリフがほとんどないというエゴ丸出しの不気味な小説。でも面白い。動物だからセリフがないと思ったら、どうもそうではないらしくて、べらべら喋るノミが主人公の「ギャヴィン、オリアリー」がある。いっちょまえの人間の男のように美女に擦り寄っていくのがなんとも可笑しくて良い。アイディアも面白いがノミの語りと行動が常軌を逸して楽しい。鼠のジョージの話である「鋼鉄の猫」のオチもなんともいえない。途中で読めるだけに容赦のない残酷さが浮き出てきて面白かった。

 とまあ、その他にもいろいろと面白い作品があったのですが、ちびちび読んでいたので忘れました。評価は微妙になっていますが、すごーく面白いのとそれほどでもないものがあったので普通にしました。
▽Open more.
『女たちは二度遊ぶ』 吉田修一 角川書店 
2006.07.04.Tue / 21:20 
女たちは二度遊ぶ女たちは二度遊ぶ
(2006/03/25)
吉田 修一

商品詳細を見る

  ★★★★

 女という字がつく十編の短編と「最初の妻」という一編を含む短編集。

 「本当になんにもしない女だった。」という書き出しで始まる「どしゃぶりの女」で、ドキッとして思わず我が身を振り返った。まさかわたしのことを言ってるんじゃないでしょうね、と思ったが、次の「炊事、洗濯、掃除はおろか、こちらが注意しないと、三日も風呂に入らないほどだった。」とあったので、さすがにここまでは酷くないので心配は杞憂に終わった。というように、自分だったらと考える部分をちくちく出してきて読者の心の奥底にある感情を引き出してくれる。

 男が皆、頭の悪そうないい加減な若者ばかりだったのがある意味すごい。そこに絡む女がまた何を考えているのか分からなくて日々流されている奴ばかりだというのが、これまた感心してしまう。体の関係はあるのに全員恋愛をしていないというのも立派としか言いようがない。とまあ、これだけ無味乾燥な登場人物を揃えてきているのに、文章の巧さと男女の間に流れる空気によって清涼な憂愁がものの見事に浮き上がってくるところが堪らない。ずっとこの空気に浸っていたいし、この先も読みたいという気持ちを残したまま、フッと消えるようなラストも素晴らしい。

 気怠いような不思議な余韻を残す短編集であった。
『ずっとお城で暮らしてる』 シャーリイ・ジャクスン 学習研究社 
2006.07.02.Sun / 09:12 
『ずっとお城で暮らしてる』シャーリイ・ジャクスン

ずっとお城で暮らしてる (学研ホラーノベルズ―恐怖少女レクション)
シャーリイ ジャクスン (1994/12)
学習研究社

この商品の詳細を見る

 お城のような大きなお屋敷に住んでいる「わたし」は、メアリー・キャサリン・ブラックウッド、十八歳。屋敷から一歩も出ない姉のコンスタンスと半身不随のジュリアン伯父さんの三人で暮らしている。

 冒頭の「わたし」の語りから、一気に彼らの奇妙な田舎の暮らしに引き込まれてゆく。周囲の人物たちの接し方が普通じゃないのが居心地が悪くて、首を傾けてしまうのだが、何がどうなっているのか、読んでも読んでもわからない。それは、語り手の「わたし」が年齢以上に幼くまともじゃないからだ。果たして彼女の言葉を信じてもいいのだろうかという不信感が常に付き纏うのである。

 徐々に、彼らを取り巻く周囲の不穏さとともに過去の惨事が明らかになっていく。六年前、毒入りの砂糖をかけたヤブイチゴを食べたために、彼らを残してブラックウッド夫妻を含む屋敷の人たちが亡くなった。村中の者が、砂糖をかけなかった長女のコンスタンスを疑うのだが、なんの証拠もなく釈放されてしまう。以来、屋敷に閉じこもったまま三人で“お城”を築き自分たちの世界を完結させていく。ところが、この一見奇妙だが平和な暮らしの中に、いとこのチャールズという闖入者がやってきたから“お城”の世界が変わってしまう。「わたし」の幼い精神はいよいよ崩れ、行動は異常さを増していく。金銭のことばかりうるさく言うチャールズ。「わたし」の居場所はなくなっていくのに、彼女を守ってくれていた姉のコンスタンスまでがチャールズに同調してゆく。

 たらたらと緩やかに悪意と怖さが追い討ちをかけ、物語は火事によって思わぬほうへ向かってゆく。ここから、この話はもっとも面白くなる。不安定な姉妹の言動が、料理を通して現れてゆくのだ。

 シャーリイ・ジャクスンは家事や部屋の内装という一見どうでもいいところにこだわって描いているようで、それは読み手のイライラさと同調していく。とくに料理は重要な役割をしており、精神状態をも表し、惨事や謝罪のアイテムとして使われている。村人の変わりようにはずっこけてしまったが、ラストのオムレツという言葉は何故かしら不気味で、この作品の奇妙さを引き立たせているようであった。

 今更ながら『くじ』が凄いことに気づきました。ああ、こういう不安定さが良いのね。ということで、本書は名作です。



▽Open more.
| BLOG TOP |
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。