ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ボトルネック』 米澤穂信 新潮社 
2006.09.23.Sat / 22:19 
ボトルネックボトルネック
(2006/08/30)
米澤 穂信

商品詳細を見る

  ★★★★★

 いいなあ。この痛々しさ。それを否定するような軽い文体、雰囲気。どこからどこまでもわたし好みの青春小説だった。
 
 とても上手な文章とは思えないが、これだけ捲る手を止めさせないというのは、やはり物語への吸引力がすごいからだろう。パラレルワールドの話である。
 
 「兄が死んだと聞いたとき、ぼくは恋したひとを弔っていた。」という一文で始まる。これにはガツンときた。まるでこの小説を暗示してるかのような不吉さである。これは良い。そして、この予感は当たるのである。恋人が落ちた崖下を覗き込んでいたとき、主人公リョウは強い眩暈に襲われ、平行世界へ。
 
 もし、自分がもう一つの可能世界へ移動したとしたら。自分が生まれなかった別の世界へ迷い込んでしまったら、と。想像しただけでも楽しそうである。だが、米澤穂信の世界はまるで違っていた。痛々しいまでに残酷なのである。
 
 そこにはリョウの代わりに姉であるサキがいた。リョウとサキは、お互いの世界を話し合うことで間違い探しをすることになる。だんだんとわかってくる世界の違い。それはリョウを打ちのめし、絶望をさそう。サキに謎賭けのようなセリフを多く言わせることで、読者は何がなにやらわからないうちに、リョウといっしょになって不安の深みに落ち込んでいく。だが読者は、そのミステリともファンタジーとも言えない、なんともいえない高揚感に取り込まれていくのである。そして、ラストである。これには叩きのめされた。ただ絶望だけが広がってゆくのである。なのに、リョウがメールを見てうっすらと笑ったように、わたしも同じようにニヤリとしてしまっていた。
 最後の一文。いいなあ、こういうの。素晴らしい。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『ボトルネック』 米澤穂信 新潮社のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。