ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『白眼子』 山岸凉子 潮出版社 
2006.09.26.Tue / 22:40 
白眼子
山岸凉子著
潮出版社 (2006.6)
ISBN:4267017409
価格 : 600円
Amazonで詳細を見る

 先日、やっとこさ「舞姫テレプシコーラ 9」を買ってきて、何度も何度も繰り返して読みました。やっぱり山岸凉子は天才だ。面白かった。というのは、ほんとにそうなんだけど、最近の事情を知って改めて読んでみると、それは「切ない」なんて気安く言えるものなんかじゃなくて、ほんとに山岸凉子ってすごいんだなと思うのだった。ああ、このときはまだ、千花ちゃんがいたのね。千花ちゃんと六花ちゃんが並んで踊っているのを見ると、なんとも言えない気持ちになるし、千花ちゃんがほんとに可哀想になってくる。六花ちゃんが素晴らしい踊りをすればするほど、涙が出そうなほど寂しい気持ちになるのだった。やっぱり山岸凉子はすごいよね。
 
 ということで、他の作品も読んでみたくて買ってきました。この一冊しかなかったのですが、最初のページで「これは面白そう」とビビっときて購入。
 
 すごい。これは名作だった。
 
 昭和20年10月っていうのがいいね。戦後すぐだから、皆まだ貧しいし。北海道の小樽の市場。置き去りにされた光子が寒くてガチガチと震えているところから始まる。このとき光子は4歳か5歳。バタバタと人が行き交うところやビュービューと寒々しい描写が、こっちまでぶるぶると震えてくるほど素晴らしい。その戦災孤児の光子が、十数年間、運命観相を生業とする「白眼子」と呼ばれる異能者と一緒に暮らしていく話なのだが。とにかく当時の風呂場の様子や台所の煮炊きしている描写が正確なのにはびっくりしてしまった。そして白眼子の透明感ある存在も心地よい、ほんとにいい話だった。
 
 こういうちょっと昔の話を読むと、子供の頃のことを思い出してしまう。
 家の裏のボタ山で、バケツにせっせと石炭を掘って遊んだことや、田舎のうちの五右衛門風呂だと火傷をしそうで入るのが怖かったことや、ふーふー言いながら石炭を入れて風呂を焚いたことなど。しょっちゅう野良犬にも抱きついて、薄汚れていたけど楽しかった。そうそう、駄菓子屋でくじ引きをしてキラキラ光る指輪を集めるのも楽しみの一つだった。まだその頃は、傷痍軍人が街角に立っていたり、ピアノの行き帰りにルンペンに会ったりしていて吃驚していたものだ。
 
 また他の作品も読んでみよう。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
----

森都仁さん
コメントありがとうございます。
通信のほうで読書に関してコメントをいただいたのは初めてではないでしょうか。嬉しいです。

山岸先生はすごいですよね。わたしも『アラベスク』はむさぼり読んだ口です。あのときの衝撃は忘れられないです。
『テレプシコーラ』は何度も読み返しています。そのたびに胸がきりきりと痛みます。
『ヴィリ』はやっぱり面白いですか。ときどき読むくらいになってしまって…単行本になってからじっくり読もうと思っています。

ミクシのコミュも拝見しました。面白かったです。
森都さんの着物姿のヴァネッサさんは存じていました。とても素敵になので印象に残ってました。言われてみると確かにそっくりです。
なるほど、そうやっていろいろとみると嬉しくなってきますね。

ミクシのページにも来て下さってありがとうございます。すいません。今、友達のみにしているものですからご覧いただけなかったですね。大変失礼しました。

- from でこぽん -

   非公開コメント  
スポンサーサイト『白眼子』 山岸凉子 潮出版社のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。