FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
『夜明けの街で』 東野 圭吾 角川書店 
2007.07.10.Tue / 13:30 
夜明けの街で夜明けの街で
(2007/07)
東野 圭吾

商品詳細を見る

  ★★

 一言でいうなら、不倫の話。それ以上でも以下でもない。馬鹿な男がなにをとち狂ったのか、平凡だが幸せな結婚生活を捨ててまで愛人を選ぼうとする気持ちを長々と語っている話、と解釈したのですが、マズいですか?

 かなり辛口ですし、未読の方は変な先入観を与えてしまうので読まないほうが賢明だと思います。

 さて、出だしはさすがに巧い。掴みはバッチシ。いつもの東野圭吾より軽めの語り口が妙に爽やかでサクサク気持ちよく読める。面白い。恋心が芽生えて、それが本気になっていく過程などはどきどきさせられる。でもこれって、不倫の話なのかしら、と思っているといつのまにかミステリーになっていたのには驚いた。

 そうか、これってミステリーだったのか。

 まもなく時効を迎える15年前の殺人事件に恋人が関わっているのではないかと疑い始める。「おお、ミステリーだ! やれやれやっと不倫話から逃れられる」と安堵した。がしかし、ここからが長い。浮気か不倫かの線引きはどこなのか、とか、どうして今の家庭を捨ててまで不倫相手を選ぼうとしているのか、とか、男のいやに実感がこもった心理描写は相変わらず巧い。が、自分を正当化する男の、ぐだぐだとした言い訳を読むことほど不愉快なことはない。なかなか本題に入らないのにも心底ゲッソリ。

 結局、ラストの衝撃(?)ともいえるオチを読むと、なるほど、なぜここまで不倫の話を引っ張ってきたのかわかるのだが、逆にミステリーにこだわったためにちぐはぐな印象になってしまって、全体のバランスが壊れてしまったようにも感じてしまった。

 女性のほうは契約社員だというのに妙に羽振りがよいのも「なぜ?」と思うし、男は男で家庭を持っているのにこれまた妙に金回りがよいのも引っかかる。イベントにこれほどこだわるところも解せない。十代の若者じゃあるまいし、三十代のいい大人が「イブだバレンタインデーだホワイトデーだ」と、なんとしてでも一緒にいようと画策するところは「またか」とうんざりしてしまった。女性のほうも不倫という道具を使って自分を正当化しようとするところは、とてもじゃないが共感を覚えることは出来ない。

 あれこれ不満を言ってしまいましたが、他の作家の方が書かれたのならこれでOKだったでしょう。ですが、やはり東野圭吾の作品となれば、これでは物足りない。面白くなかったとは言いませんが、あとになにも残らない作品だということだけは確かです。

 あ、そうそう。最後の友人の話が妙に真実味を帯びていたのには吹いてしまった。
スポンサーサイト



COMMENT TO THIS ENTRY
----

こんにちは。
呆気なく終わったことに拍子抜けするとともに、
東野さんに対して一抹の不安を覚えてしまいました。
トラバさせていただきました。

ところで、こちらはトラバのみも
受け付けされていますか?。

- from 藍色 -

----

藍色さん
こんにちは。
お返事が遅くなってしまってすみませんでした。
東野さんの作品はやっぱり面白いんですが、ちょっと薄味になってきたように感じられてきて、新刊を買うのを躊躇ってしまいます。
次回作こそは心を揺さぶられるような作品を書いてほしいと願っています。

ええと、トラバに関してですが、どうなっているのかよくわかっていないんですね。すみません。FC2のほうは把握してないのものでして。
トラバのみでも大丈夫だと思いますが。

- from でこぽん -

   非公開コメント  
『夜明けの街で』 東野 圭吾 角川書店のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

装丁は高柳雅人(角川書店装丁室)。写真は(c)TOMOYOSHI OSHIYAMA。「野性時代」2004年9月号~2007年4月号掲載を加筆修正。主人公で語り手の僕:渡部は派遣社員の仲西秋葉と以前は軽蔑していた不倫の恋に。でも彼女は15年前、父親
2007.07.23.Mon .No7 / 粋な提案 / PAGE TOP△
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /