ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ずっとお城で暮らしてる』 シャーリイ・ジャクスン 学習研究社 
2006.07.02.Sun / 09:12 
『ずっとお城で暮らしてる』シャーリイ・ジャクスン

ずっとお城で暮らしてる (学研ホラーノベルズ―恐怖少女レクション)
シャーリイ ジャクスン (1994/12)
学習研究社

この商品の詳細を見る

 お城のような大きなお屋敷に住んでいる「わたし」は、メアリー・キャサリン・ブラックウッド、十八歳。屋敷から一歩も出ない姉のコンスタンスと半身不随のジュリアン伯父さんの三人で暮らしている。

 冒頭の「わたし」の語りから、一気に彼らの奇妙な田舎の暮らしに引き込まれてゆく。周囲の人物たちの接し方が普通じゃないのが居心地が悪くて、首を傾けてしまうのだが、何がどうなっているのか、読んでも読んでもわからない。それは、語り手の「わたし」が年齢以上に幼くまともじゃないからだ。果たして彼女の言葉を信じてもいいのだろうかという不信感が常に付き纏うのである。

 徐々に、彼らを取り巻く周囲の不穏さとともに過去の惨事が明らかになっていく。六年前、毒入りの砂糖をかけたヤブイチゴを食べたために、彼らを残してブラックウッド夫妻を含む屋敷の人たちが亡くなった。村中の者が、砂糖をかけなかった長女のコンスタンスを疑うのだが、なんの証拠もなく釈放されてしまう。以来、屋敷に閉じこもったまま三人で“お城”を築き自分たちの世界を完結させていく。ところが、この一見奇妙だが平和な暮らしの中に、いとこのチャールズという闖入者がやってきたから“お城”の世界が変わってしまう。「わたし」の幼い精神はいよいよ崩れ、行動は異常さを増していく。金銭のことばかりうるさく言うチャールズ。「わたし」の居場所はなくなっていくのに、彼女を守ってくれていた姉のコンスタンスまでがチャールズに同調してゆく。

 たらたらと緩やかに悪意と怖さが追い討ちをかけ、物語は火事によって思わぬほうへ向かってゆく。ここから、この話はもっとも面白くなる。不安定な姉妹の言動が、料理を通して現れてゆくのだ。

 シャーリイ・ジャクスンは家事や部屋の内装という一見どうでもいいところにこだわって描いているようで、それは読み手のイライラさと同調していく。とくに料理は重要な役割をしており、精神状態をも表し、惨事や謝罪のアイテムとして使われている。村人の変わりようにはずっこけてしまったが、ラストのオムレツという言葉は何故かしら不気味で、この作品の奇妙さを引き立たせているようであった。

 今更ながら『くじ』が凄いことに気づきました。ああ、こういう不安定さが良いのね。ということで、本書は名作です。



 はてなに頂いたコメントとトラックバックを載せておきます。

**追記
「奇妙な世界の片隅で」のkazuouさんのオススメで読みました。
kazuouさんの素敵な書評はこちら

[コメントを書く]
# kazuou 『ご紹介ありがとうございます。
ジャクスンを読んですごいと思ったのは、この作品が最初でした。
なにより、雰囲気が異様に明るいのに驚きます。「信頼できない語り手」による躁病じみた世界の描写が非常に斬新で、やっぱり物語は、語り口が重要だと再認識させられましたね。
料理! なるほど、そういう使われ方をしているとは、気づきませんでした。』

# でこぽん 『kazuouさん、こんばんは。
お蔭様で読むことができました。最近は新刊ばかりなのでオススメいただかないと読まなくなっています。ありがとうございました。
なんか衝撃的な作品でしたね。そうそう。雰囲気が異様に明るいんですね。変な喋り方だし、いったいこの主人公はなんなんだろうと最後まで引きずられました。やはり躁病じみた世界だったのですよね。語り口はやはり重要です。料理の使われ方も面白かったですね。』

トラックバック
 とっても幸せ  シャーリイ・ジャクスン『ずっとお城で暮らしてる』
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『ずっとお城で暮らしてる』 シャーリイ・ジャクスン 学習研究社のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
≪ PREV | BLOG TOP | NEXT
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。