ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『株式会社ハピネス計画』 平山瑞穂 小学館 
2007.09.22.Sat / 01:49 
株式会社ハピネス計画株式会社ハピネス計画
(2007/07/31)
平山 瑞穂

商品詳細を見る

  ★★★★☆

 タイトルから想像して、これってどんなヘンテコリンな会社物語なんだろう、と思いながら読んだら、あらま、ちょっぴり変態チックな主人公(嘘)が妄想と幻想のなかでウロウロする話ぢゃないですか。なるほど。結婚目前で婚約者に逃げられ、会社もクビになって、悲惨このうえない主人公に「株式会社」とか「計画」なんていうお堅い言葉がキーワードになるわけがない。無職で暇にしていた主人公のところに、ロックスターになったという中学時代の友人が連絡してきて、自分の愛人&子供の世話をしてくれ、なんて話から始まるんだから、そりゃ荒唐無稽な話も出てくるというものだ。

 良く言えばかなり自由奔放に、少々意地悪く言えば何を書きたかったのかわからないくらいに無茶苦茶に筆を進めているのが気に入った。出だしから“言葉”に執着した究極的な可笑しさは、声に出して笑えるくらい面白かったし、周りのぶっとんだ人たちの愛らしさもいい。中盤、少々中だるみして目蓋が重くなってきたが、そもそも幻想を抱いて妄想にふけっている主人公が喋っているんだから、読んでいるこちらも朦朧となるのも仕方がないというところか。なんにせよ、終わりよければ全てよし、というエンディングで、綺麗に決まった。幸せ。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『株式会社ハピネス計画』 平山瑞穂 小学館のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小学館株式会社小学館(かぶしきがいしゃしょうがくかん)は、日本の総合出版社。社名の由来は創設時に小学生向けの教育図書出版を主たる業務としていたため。系列グループ「一ツ橋グループ」の中核的存在。歴史*1922年(大正11年) - 相賀武夫により創
2007.10.19.Fri .No13 / みおの記録 / PAGE TOP△
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。