ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『無罪世界』 木原音瀬 リブレ出版  
2007.09.27.Thu / 22:04 
無罪世界 (B-BOY NOVELS)無罪世界 (B-BOY NOVELS)
(2007/09)
木原 音瀬

商品詳細を見る

 ★★★★☆

 久しぶりにBL小説を読んだ。それも木原音瀬の書き下ろし最新刊だ。

 ここんとこ、古典なんぞを読んでくらくらしていたものだから、読む前からかなり嬉しくてテンションが上がっていた。ただし、木原音瀬が書く小説だ。それなりに覚悟して読まないといけない。が、読み始めて途端にガッカリした。覚悟もなにも、片方が言葉を喋れないのだ。心が痛くなる以前に、ラブラブなんてはるか彼方だろ、と思うような意思疎通のできない二人の話だったからだ。

 ブラジルのジャングルで育った従兄弟の世話をすることになった主人公。悪徳訪問販売をやっているような男だ。普通のラブラブBL小説なんかになるはずもなく、まるで人間と野獣。しかもそれが環境問題から人権問題まで発展していくのだから、とてもじゃないが、お気楽、能天気に読むというわけにはいかなかった。

 ところが、さすが文章には定評がある木原音瀬。こんなイロモノ設定にもかかわらず読ませる手腕はすごいとしか言えない。言葉の壁をものともせず、かなりの分量を最後まで飽きさせることなく、しかも実に自然な流れでエッチに持っていくところなんて感動すらしてしまう。とくに、酒好きのぐうたら医者の落合との会話は、ホッと一息つけて良かった。そして、ラストがまた素晴らしかった。途中の退屈さが嘘みたいに、ああ、やはり木原音瀬はいい、と再確認した読書だった。

 木原ファンの方には是非読んでほしい本です。オススメ。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『無罪世界』 木原音瀬 リブレ出版 のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。