ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『白の協奏曲』 山田正紀 双葉社 
2007.10.04.Thu / 22:56 
白の協奏曲白の協奏曲
(2007/09)
山田 正紀

商品詳細を見る

楽天で詳細を見る


  ★★★☆

 最初はどうなるかと思って読み始めたのだが、意外や意外、途中からものすごく面白くなってきて楽しめた。で、それなのに、この星三個半という微妙な評価はどうしてなのかというと、やはりミステリとしても警察小説としても冒険小説としても中途半端だったからだ。いやべつにジャンルにこだわっているつもりはないが、エンタメとしてはどこかしら山場というか盛り上がる箇所がほしい。という意味で、やはり三十年も前に書いて、そのまま本にまとめることもせずに放っておいた、というのも頷ける気がした。

 話は単純。オーケストラ団員対警察官僚という図式。つぶれたオーケストラ団員が再建の資金調達のために詐欺を働く場面から始まる。その集団へ、なぜか一人の女が現れ、逆に団員達を強請る。“東京都民撤去作戦”の始まりだ。そして冒険小説にみられるような高揚感から徐々にフィナーレに向かって、自体は意外な展開をみせてゆく。謎も色々と散りばめられておりミステリとしても面白い。

 ところが問題は序盤なのだ。意味不明な場面がいくつもでてきて読みにくいのである。用語が難しくて取っ掛かりに時間がかかるというのもあるが、文章が上手い山田正紀にはあるまじきリーダビリティの低さなのだ。ま、ここらへんが三十年前の若者なのだろうか。

 そしてやはり欠点は、解説の日下三蔵氏も書かれていたが、「強いていうなら東京を無人にする計画とその動機がファンタスティックに過ぎる点が気になったのかもしれないが(中略)」ということに尽きる。ま、でも、これももっと可笑しな設定で書いている本も多いことを思えばどうっていうこともないだろう。

 ということで、山田正紀ファンの方には一読をお勧めします。
スポンサーサイト
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。