ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『水上のパッサカリア』 海野碧 光文社 
2007.06.20.Wed / 18:10 
水上のパッサカリア水上のパッサカリア
(2007/03/20)
海野 碧

商品詳細を見る

  ★★★★★
 
 第十回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作品。
 
 ミステリー文学というのがどういうものか知らないが、少なくともこの作品はミステリではない。といって、エンターテイメントかといえば盛り上がりにも欠けているし違うだろう。アクションも平坦。ところがハードボイルドとしては絶品なのである。著者は1950年生まれ。新人とは思えない筆力に惚れた。
 
 かつて、よろずトラブル解決請負業といった〈始末屋〉グループがあった。表の顔と裏の顔をもった主人公の、特異な境遇がもたらす長い話である。ついつい時間を忘れて読み耽ってしまった。
 
 そうはいっても読み始めは、ねっとりと長い一文に悩まされた。著者独特の文体であり面白いといえば面白いのだが、読点によって果てしなく続いていく一文には眩暈がしそうだった。イラついて投げ出しそうになったのも一度や二度ではない。ところがこれが不思議なのである。読んでいくうちに麻薬のように癖になって、次第に快感まで覚えてゆくのである。これには驚いてしまった。
 
 物語としてはそれほど複雑ではない。一緒に暮らしてたった三年ほどで死んでいった内縁の妻に対する哀しみを抱えた男が、裏世界の大物に復讐を誓う話である。緻密な頭脳で練り上げた計画をもとに、女の弔い合戦に赴くのである。冒頭、愛する彼女と共に過ごした日々が事細かに描かれている。彼女の忘れ形見ともいうべき犬のケイトと、かつての仲間たちと一緒に、ひとつやってみようか、というものである。

 どんでん返しも鮮やかにハートフルな作品に仕上がっている。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『水上のパッサカリア』 海野碧 光文社のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。