ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『行方不明者』 折原一 文芸春秋 
2006.08.19.Sat / 20:29 
行方不明者行方不明者
(2006/08)
折原 一

商品詳細を見る

  ★★

 ネットができなくなってヤケクソで購入した本書である。いやいやそれは失礼というものであろう。最近の折原作品は、けちな私が必ず購入している本のうちの一つである。惹句が振るっている。


ある朝、一家は忽然と消えた。
闇よりも深い、黒い沼のほとりで――
名作『沈黙者』から5年。
実際の事件に材をとった
「――者」シリーズ待望の最新作は、
現代ミステリーの最高峰!

 
 「現代ミステリーの最高峰!」ってか。かあー。なんか言いたい放題だな。だけど折原だしな。
そして裏の帯がこれまたものすごく魅力的なんですよ。


  埼玉県蓮田市で、ある朝、一家四人が忽然と姿を消した。
炊きたてのごはんやみそ汁、おかずを食卓に載せたまま……。
  両親と娘、その祖母は、いったいどこへ消えたのか?
  女性ライター・五十嵐みどりは、関係者の取材をつうじて
      家族の闇を浮き彫りにしてゆく――。
  一方、戸田市内では謎の連続通り魔事件が発生していた。
  たまたま事件に遭遇した売れない推理作家の「僕」は、
自作のモデルにするため容疑者の尾行を開始するのだが――。

 
 ねねね。こんな巧いキャッチを書かれたら購入するしかないっしょ。
 
 プロローグの「白い靄」で、折原定番の叙述ミステリーの匂いがぷんぷんする。だけどなんのこっちゃわからないいかにもな始まり。と一転、一家四人が忽然と姿を消したという事件が提示され、推理小説家の「僕」が事件を追っていく。
 
 炊きたてのごはんやみそ汁とおかずを食卓に載せたまま、消えた。という情景が素晴らしい。まさに物語の不穏さを象徴している。読者のあずかり知らぬところでとんでもないことが起こっているのでは、といった事件性の残虐さが暗示されて、いやがうえにも期待は高まるのだ。
 
 だが、蓮田市と戸田市を行きつ戻りつしながらの情景描写は繰り返しあるものの、肝心の当事者の背景、及び心の闇のようなものが描かれてないため、まるで砂を噛むような虚しさだけが残ってしまう。ミステリーだから、というのでロジックが破綻しなければ良いというのではないだろうが、やはり事件であれば、そこに至る人間関係などを描いてくれないと楽しめない。そうでなければ女性ライターの役割も必要ないだろうし、家族の闇なんていう意味深な言葉も無用だろう。
 
 折原お得意の「僕」という一人称を出してきているので、たぶんこの男が事件に関わっているのだろうと予測をしながら読むのだが、残念ながらその作業自体はそれほど面白いとは感じられなかった。きっと魅力的な人物ではないというところが大きかったのだろう。途中から粘着質でストーカーまがいの行動が癇に障ったのがまずかったのだな。きっと。
 
 あっ、と真相ですか?ああそれはですね、「なんじゃこりゃ」で終わりました。つまんねー。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『行方不明者』 折原一 文芸春秋のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。