ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『美丘』 石田衣良 角川書店 
2006.12.10.Sun / 14:22 
美丘美丘
(2006/11/01)
石田 衣良

商品詳細を見る

楽天で詳細を見る

  ★★
 
 毒にも薬にもならない小説だった。はっきり言って時間の無駄。
 
 なんで石田衣良ともあろう人がこんな安っぽい小説を書いたのだろう。恋人が不治の病で死んじゃうとなれば誰だって悲しいし泣くよ、そりゃ。読み始めて、ああまた、「不治の病」に「死」なのか、と俯きかけたが、石田衣良なのだからと思い直して最後まで付き合った。石田らしい捻られたストーリー展開と、思いもよらないラストに期待した。が、相反して、当たり前すぎるほどの予想通りの展開と、そのまんまのラストで終わっていた。これには白けてしまった。第一、こんなラストシーンでいいのか。

 構成は悪くはなかった。技巧的な文体から程遠いシンプルな表現を使い、過去を振りかえつつ淡々と綴っていくプロセスは、やはり巧い。ただ、あまりにもシンプル過ぎて、誰が喋っているのかわからなくなったことも一度や二度ではないが。

 平仮名を多く使った平易で乾いた文体も、主人公の寂しさと空っぽになってゆく恋人の心を表しているようで切なくて良い。また終焉に向かってゆくさまも、やはり石田らしい出色の出来栄えとなっている。
 だけどこの小説は、毎日のように読書をしている者が好んで読む小説とは言えない。感動して泣いたところもあったが、選んでまで読む小説ではなかった。

 ということで、悪しからず。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『美丘』 石田衣良 角川書店のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。