ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『エンド・ゲーム』 恩田陸 集英社 
2006.02.04.Sat / 21:28 
エンド・ゲーム―常野物語 (常野物語)エンド・ゲーム―常野物語 (常野物語)
(2005/12)
恩田 陸

商品詳細を見る

  ★★☆

 『光の帝国』『蒲公英草紙』を書いた人と同じ人だとは思われないほど出来が良くない。常野物語シリーズ第三弾なのですが、今までの設定におんぶして流して書いたとしか思われない出来です。

 『光の帝国』の「オセロ・ゲーム」を覚えていたわけではないので、その続編というべきこの物語に対して、勉強不足があったことは否めませんが、それでも「裏返す」ことや「裏返される」ことだけを言葉遊びのように使い、なんらそれに対して綿密な裏打ちがないというのは、物語に薄っぺらの印象しか与えてくれません。

 文章に魅力がないというのも、輪をかけてつまらなくしていますね。
 しっかりとした構成力もなく、まるで今思いついたかのようにだらだら進んでいく物語では、緊張感は生まれません。それが二転三転される話でもドキドキ感は半減されてしまいます。もともと物語をきちんと収束させるということに重きを置いてない恩田陸ですが、それでもこの二転三転がどうラストに繋がるのか楽しみにしていた私としては、今回の頭の痛くなるようなラストでは肩透かしもいいところでした。序盤が面白かっただけに残念です。

 超能力ものとしてもモダンホラーとしても、いまひとつ。もう少し丁寧に物語を作ってほしかったですね。

[コメントを書く]

# pnu 『15万hitおめでとうございます!!
エンド・ゲームはシリーズの中では異色作ですね…。途中まではすごく楽しかったんですが、ラストには放心してしまいました。嫌いではないけれど、好きでもないムードの作品でした…。』

# でこぽん 『ありがとうございます。
う~ん。微妙な作品でした。たしかに途中までは面白かったのですよね。「嫌いではないけど好きでもない」というのは言い得て妙です。空想は広がっていいムードだっただけに残念でした。結局、こういうSFちっくな幻想小説が私的にしっくりこなかったのでしょう。』

# kadock 『ほうほう、読んだのですか。確かに三作のなかではちょっと落ちますね。得意のイメージ描写も多くてちょっと閉口気味だったのですが、最後まで読んで、これは常野物語ではないと思いました。失敗作とか成功作とかじゃなくて、普通の恩田作品。
特に「光の帝国」が優れていただけで、『蒲公英草紙』がまあまあ、これが凡作まで来ちゃったなぁって思いました。残念ですね。
僕はあのイメージの描写がとっても陳腐だったと思いました。いつもならもう少し拡がるのですが、あまりにありがちな感じで、書き殴ったというのが正しい気もしますね。』

# でこぽん 『はい、ものすごく期待していた恩田陸の作品です。恩田陸の大ファンとして、また、いつも甘甘な評価しかしない私が酷評です。それくらい酷い。『夜のピクニック』のときも酷評しましたが、このときは作品の出来がどうのこうのというより単に好き嫌いの問題で、こういうのんびりとした作品は自分には退屈と思っただけのものでした。
しかし、今回の『エンド・ゲーム』は作品自体がダメ。まず文章が酷いです。箇条書きにされたような文章では尚更、書き殴ったものだとしか思われません。常野物語として、素敵に広がるイメージは皆無。しかも舞台となる世界観が陳腐で希薄で曖昧なものでは、もうこれは常野物語とは言えない。伏線もなにもあったものではない。風呂敷を広げるのが上手な恩田陸ですが、今回は行き当たりばったりに書いたように雑すぎる。その上、仕舞いかたが、それに輪をかけてずっこけるほど下手糞。はい、ここで頁も頃合だし飽きちゃったので止めました、というようないい加減なものでした。
え?これが普通の恩田作品?普通の恩田作品は大好きですよ。ほんと。』


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yookoo/20060204
[コッパー]恩田陸「エンド・ゲーム―常野物語」
恩田陸『エンド・ゲーム―常野物語』
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
----

序盤から考えると、肩透かしは大きかったですね。
ちょっと残念です。

サイトURL
ttp://1iki.blog19.fc2.com/blog-entry-745.html
トラバURL
ttp://1iki.blog19.fc2.com/tb.php/745-b6d519d7

- from 藍色 -

   非公開コメント  
スポンサーサイト『エンド・ゲーム』 恩田陸 集英社のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。