ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『深く深く、砂に埋めて』 真梨幸子 講談社 
2007.10.31.Wed / 10:30 
深く深く、砂に埋めて深く深く、砂に埋めて
(2007/10/16)
真梨 幸子

商品詳細を見る

  ★★★★★

 傑作。

 甘く切なくはらはらと、心に深く深く落ちてゆくような話だった。

 出だしは緩やかに、ラストは感動的に、一人の自由奔放に生きた女の話が始まる。それは、幼いときより自身の美貌と引き換えに男を手玉に取ってきた娼婦のような女の話である。言ってみれば「ファム・ファタール」である。「運命の女」であり、「男たちを破滅させる女」だ。

 殺人罪に問われた恋人を残して渡仏した女に、いつのまにやら魅せられていった男性が三年前に遡って語ってゆくのである。彼の手記によって次第に輪郭をなしてゆくその話は、彼女の誕生秘話から始まり、いかに幼いときから「魔性の女」と言われ続けてきたのか、まず母親の口から語られるのだった。幼少の頃より感情の赴くまま自分の欲求を満たすことだけを考えた彼女は、娼婦の真似事をし、平気で恋人を裏切り、果ては詐欺と殺人にまで関与していたのではないかと疑われてしまうのである。そのさまを、母親から始まって、恋人、友人知人が語ってゆくのである。

 男は淡々と、しかしあるときは熱情に駆られて思い悩み煩悶し、またその意気込みが空回りすることもあった。だが決して急がず、あくまでも冷静に、有名な小説「マノン・レスコー」を下書きにして、真梨幸子のロマンス・ノワール小説が幕を開けたのだった。

 お薦め。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『深く深く、砂に埋めて』 真梨幸子 講談社のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。