ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『孤虫症』 真梨幸子 講談社 
2005.04.24.Sun / 10:41 
孤虫症孤虫症
(2005/04/01)
真梨 幸子

商品詳細を見る

  ★★★★★

 第32回メフィスト賞受賞作。

 決して万人にはお薦めできませんが、迫力ある内容は文句なく面白かったです。
垣根涼介の『クレイジー・ヘブン』が面白く読めて、やおい本で免疫ができているからかもしれませんが。

 ジャンルとしてはホラーミステリということなのでしょうが、ホラーというほどの恐怖感はなくてミステリとしてはそこそこといったところでしょうか。逆に無理してミステリ仕立てにしなくてもと思わないでもなかったです。じわじわと襲ってくる気持ち悪さが、後半に入って沈静化し、反対に多くの謎の収束に向かって話が進められるので、凄く盛り上がっていった気持ちが冷めていったのも事実です。その辺の感想を書こうとすると、何を書いてもネタバレになりそうなので書けないのが辛いところです。まあ、ミステリを読み慣れた方にとっては、こんなもんかなということで、オチは見当がつくのではないでしょうか。それでもこれだけの内容と文章には引き込まれました。

 郊外のマンションに住んでいるありふれた主婦の日常が、寄生虫という気色悪さとともにどんどん歪んでゆき、中学受験の娘や新婚の妹を巻き込んでいく様子がもの凄くリアルに描かれていて、これでもかという迫力で迫ってきます。捲る手が止まらないとはまさにこれのことですね。

 本書はドコモの携帯に配信されたそうですが、きっと続きが気になって毎日毎日楽しみだったに違いありません。斯くいう私も、テニスの試合の合間にちびちび読んでいたのですが、テニスなんかどうでもいいから先を読みたいと思った口です。

 最後に、キワモノ揃いのメフィスト賞ですが(私にとって)、今回は特にトンデモなく気色悪い主婦ホラーを出してくださって本当に感謝です。
追記

有鉤条虫(ゆうこうじょうちゅう)をネットで写真を見ました。
ぎゃーっ!!!
こ、こわいよーっ!!!
え~ん。え~ん。え~ん。
見なきゃよかった。_| ̄|○||||
頭部にいくつかの小さな鉤を持っているのよ~。
上記の感想を撤回します。
この本は紛れもなくホラーでした。

-----------------------
[コメントを書く]

# のぽねこ 『トラバありがとうございました。私からも、トラバさせていただきました。
>決して万人にはお薦めできませんが、迫力ある内容は文句なく面白かったです。
私もそのように思ったので、マイレコに投稿するのを控えたのでした。
寄生虫関連のことは、怖いのもさることながら、気持ち悪さの方が強かったです。逆に、第一章の「私」や、それ以下の章の「私」の、恐怖心に共鳴して、怖いと感じるところがありました。
いまのところ、今月は、小説は『孤虫症』と有栖川さんの『46番目の密室』の二冊しか読んでいません(泣)。ゴールデンウィークが楽しみです。小説読みたいです☆』

# でこぽん 『マイレコはね……う~ん。別に投稿を控えないでもよかったんじゃないですか。感想は人それぞれですし。という私も投稿はちょっと……。後で非難ごうごうになるのは目に見えていそうですから。
寄生虫の知識が増えました。豚肉を食べるときは必ずしっかり火を通そうとか、有機野菜のときはしっかり洗おうとか。
そうそう、恐怖といえば主婦の日常の歪みが怖かったです。
私はミステリに飢えています。このところほとんど読めていませんから。お互いゴールデンウィークは読書三昧ですかね(笑)。』

# ゆうき 『こんにちは。「Yu-Ki’s Reading Diary」のゆうきです。確かに『孤虫症』は万人受けする内容ではありませんでしたよね…。でもかなりの意欲作というか、傑作というか、すごい本でしたよね。夢に見そうな本です…笑。トラバさせてもらいました。よろしくね。』

# でこぽん 『ゆうきさん、こんにちは。
コメントとトラバありがとうございました。といいますか、トラバできたのですね。???はてな同士ではトラバはできないと思っていました。こちらからも後でトラバさせてもらいますね。
『孤虫症』は面白かったですね。私は割りと変わった本とかドロドロとした本が好きなので、こういうホラー系は好みなんですよね。ただ寄生虫の映像は見ちゃあダメでした。(泣)
こちらこそよろしくです。』

# naoko_1999 『でこぽんさん、はじめまして(?)。どこかですれ違っていたかもしれないのですが、こちらへ書き込むのは初めての七生子です。思い切ってコメントしちゃいます。
『孤中症』でこぽんさんの感想を読んで「気持ち悪そ~」と思いながら読むのを楽しみにしてたんですが、強烈な1章の印象が強すぎて、2章目以降はなんだかなあという感じでした。無理にミステリにしてネタばらしせずに、グログロホラーのまんまで突っ走って欲しかったです。ま、ハラハラドキドキしながら楽しみましたけど(笑)。
垣根涼介『クレイジー・ヘブン』ってグロいお話なのですか~?きゃあ。楽しみ。こちらもチェックしてぜひ読んでみたいです。
ではでは。これからもまたお邪魔します。よろしくお願いします。』

# でこぽん 『まったく初めましてではない七生子さん、こちらでは初めましてです。
ふふ。七生子さんのブログでもマイレコでも随分お話させていただいと思っていたのですが(笑)。
ようこそいらっしゃいました。
毎日お忙しいのに本当にありがとうございます。
また、私の感想を読んでくださってたようでありがとうございます。
これはミステリにせずにホラーとすべきでしたね。たしかにいろんな意味でハラハラドキドキでした。
『クレイジー・ヘブン』は女性には評判がイマイチです。性描写がなんと言いますか、マニアックなのです。やおい本で免疫のある方なら大丈夫でしょうが、普通はあそこまではしないんじゃないのと思うところまで描いてあります。だけど、やっぱりエンタメなんですよね。私は面白かったです。
それではこれからもよろしくお願いします。』

# snowkids99 『TB&コメントありがとうございます。でこぽんさんも読まれていらっしゃったのですね。個人的には、エログロは苦手です。一応、そういうことにしておいてください(笑)。この作品、ホラーも性描写も、抑えたものだと、個人的に捉えていたのですが、そんな意見、皆無ですね。ってことは・・自爆ネタになってますね(苦笑)。でも、「クレージー・ヘブン」は僕、買ってません。「ワイルド・ソウル」は好きですが、。』

# でこぽん 『あ、すのさん、こちらこそTB&コメントありがとうございます。
あら、エログロは苦手でしたか?ほほほ。それは違うんじゃないかな~。
この作品を気に入ったということは、か~なり素質がありますね。
『クレージー・ヘブン』も大丈夫でしょう。そいで大丈夫だったら、すごく面白い作品だと思うはずです。勢いがあってエンタメとして私はすごく好きですね。
『ワイルド・ソウル』は、これは誰でもが認める傑作ですね。』


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yookoo/20050424
『孤虫症』
[ゴールド]真梨幸子「孤虫症」
[読書]今日の読み終わり。
[真梨幸子]孤虫症
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『孤虫症』 真梨幸子 講談社のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。