FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『えんじ色心中』 真梨幸子 講談社 
2005.12.18.Sun / 10:49 
えんじ色心中えんじ色心中
(2005/11)
真梨 幸子

商品詳細を見る

  ★☆

 『孤虫症』でメフィスト賞を受賞してデビューして、期待大の二作目。

 グロテスクな虫と共に、インパクトのある文章で鮮烈な印象を与えてくれた真梨幸子でしたが、今回の作品では何をやりたかったのかわからなく、消化不良の気持ちを残したまま終わることになる。

 物語の大半を1章で費やしていて、2章が解決編となるのですが、それまで物語の本質が見えてこないため非常にストレスが溜まってしまう。
 核となるのは「西池袋事件」。熾烈な中学受験をかいくぐって名門の中高一貫校に合格したというのに、家庭内暴力の末、父親に殺されてしまうというもの。この事件で父親は無実を訴え、犯人は別にいると主張する。

 1章の構成が、過去と現在を交互に出してきており、且つ、「西池袋事件」を間に挟むことによって、複雑な構造がなおさら混沌してきて読者は翻弄される。しかも文章が凝っていて、会話文のかぎかっこを無くしたり、日記のような独り言のような文章だったり、子供と大人の区別をわざとつけてないのかと思うような文章だったりと、とにかく読みづらい。
 
 しかも、登場人物のどいつもこいつもが心が病んでいて、不満たらたらの生活をしているためか、イライラしてくる。そういう意味では、心の奥底にある感情が伝わってくるということで、巧いということか。ただ、こういう自分のことを一人称でダラダラ話してもらっても、この話がどこに繋がっていくのかまるでわからないので、途中で飽きてしまうのです。

 せっかく中学受験という現代の社会構造が生み出した子供の問題を扱ったのですから、もう少し切り込んだ話に展開させてくれるとか、あるいは、受験生の心の闇を引きずり出してホラー仕立てにするとか、やり方はいくらでもあったと思うのです。

 それでもミステリとしての結末を期待して、読みにくい文章をどうにかして読み終え、もやもやした気持ちを抱いたまま辿りついた解決編。それが待っていたのは、ありきたりの結末です。これでは拍子抜けです。あの複雑な構成には、なんの意味があったのでしょうか。果たして作者は、読者のことを考えて書いているのでしょうか。楽しめる要素を持たない作品は、小説ではないです。

 ミステリにこだわらずに『孤虫症』のときのようなぞくぞくする強烈な文章で、人間の内面をあぶりだしてくれるような小説を期待しています。

--------------
追記

コメント欄に書き込みしてくださったお二人の書評はこちらになります。
お二人の書評を読むとより一層わかるのではないでしょうか。

「棒日記Ⅱ」のarchitectさん
http://d.hatena.ne.jp/architect/20051120/p1


「のぽねこミステリ館」ののぽねこさん
http://plaza.rakuten.co.jp/nopomystery/diary/200512030000/


追追記

感想リンクを貼ってくださったキノさんの書評がこちらです。
いつも鋭い視点なので参考にさせてもらっております。

「kinosy 本の感想」のキノさん
http://clp.rdy.jp/book/log/eid87.html
[コメントを書く]

# architect 『やはり結末には拍子抜けですよね。構成や文章は良いと思うのですが、そこで必然的に溜まっていくストレスを一気に裏返すような真相を提示すべきだったと思います。』

# でこぽん 『ひええ、architectさん、早すぎです。
アップしてから5分も経ってないんですが。
ありがとうございますありがとうございます。
そうそう。結末があれでは拍子抜けもいいとこです。そしてarchitectさんのおっしゃるとおりです。
構成と文章で読みづらかったというのは別にして、あれだけ構成と文章に凝ったのですから、ここから導き出せる爆発的な結末でなければ読者は納得しないでしょう。
この変な文章がどういう風に結末と繋がるのか楽しみにしていたのに超ガッカリです。
でも真梨幸子にものすごく期待しているのも本当です。』

# architect 『たまたまアンテナ見たら更新直後だったんですよ~。
今回は微妙でしたが、こういうのを読んでしまったら真梨幸子の次作に期待しないわけにはいきませんよね。本から醸し出されてるパワーは並じゃないと思います。』

# でこぽん 『えへへ。うれしいです~。
ですよね。真梨幸子のパワーは並じゃないです。
今回は微妙でしたが、構成にも文章にもいろいろと捻りがあったので、次回は是非そのパワーを活かして傑作を生み出してほしいと思います。
本当に次作は楽しみです。』

# のぽねこ 『こんばんは。
なんだか最近ネットにもそんなにつないでいないです。明日発表が終われば少しゆっくりできるのですが…。
さて、いつものでこぽんさんの文体ではなかったので、不満感が伝わってきました。すみません、私には結末さえもよく分かりませんでした…。読書力が落ちてきたのでしょうか(苦笑)
私も第三作目に期待します。
ではでは、失礼します。』

# でこぽん 『のぽねこさん、こんばんは。
あ、やはりそうでしたか。更新されてないなあと思っていたのです。相変わらずお忙しそうですね。ん?発表?大学院のですか?
あははは。文体が違ってましたか。いつもならもう少し柔らかく(?)書くのですが、今回は期待していただけにガッカリ感も大きくて、でもやっぱり期待しているのは確かで、そんなこんなで文体が変わったのですね。
結末は、だから、大したことではなかったのですよ。そのまんまですよ。なにかもっとアッと驚くことが隠れているなら教えてほしいくらいです。
読者に読書力が落ちてきていると思わせるところからして、盛りだくさんの内容のわりに中途半端な仕上がりだったのですね。
でもミステリマニアの方々がどう評価するのか気になるところでもあります。』

# キノ 『私も読みましたよ。でこぽんさんの書評にリンクさせていただきました。ここまで複雑にしたんだったらもうちょっと考えてよーと思いましたよ。がっかりです。』

# でこぽん 『キノさん、ありがとうございます。
キノさんは楽しんで読まれたようですね。文章さえクリアできれば、この複雑さも楽しいものとなりますね。ところが、ここまで期待をもたせてオチがこれでは、やはりがっかりですよね。不思議なことに、終章とはしてなくて2章となっているのですよね。この意味はなんでしょうね。うむむ。
そうそう、私も「西池袋事件」にものすごく興味があったのですが、あまり触れていませんでしたね。これも物足りなかったです。
派遣で働く「僕」。いやはや、真梨幸子は容赦ないですね。』


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yookoo/20051218
「えんじ色心中」真梨幸子
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『えんじ色心中』 真梨幸子 講談社のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。