ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『私の男』 桜庭一樹 文藝春秋 
2007.11.09.Fri / 13:36 
私の男私の男
(2007/10)
桜庭 一樹

商品詳細を見る

楽天で詳細を見る


  ★★★★☆

 傑作、なんだと思う、たぶん。誰もがそう言うのだろう、きっと。だけどこの本が好きか嫌いかと聞かれたら、即答できる。わたしは嫌いだ。悲しいから。

 近親相姦に嫌悪があるかもしれない。閉じられた狭い世界に不満があったかもしれない。だけどそんなものを乗り越えて眩いばかりのきらめきを放っていた本書は、終盤あっけなく終わってしまっていた。自分の知りたいと切望したことが何一つして書かれてなかったのだ。あくまでも優しい。だけどそれは、悲しいこと。そしてだからこそ多くの人に読んでほしい、とも思う。

 9歳と25歳で出会った少女と男は、養子縁組をして親子になった。一緒に暮らして15年。明日は、娘・花の結婚式だ。父・淳悟は言う。「けっこん、おめでとう。花」と。「私の男」は、ぬすんだ傘をゆっくりと広げながら、こちらに歩いてきた。2008年の梅雨時の6月のことである。

 この物語は、暗い穴の中に落ち込んでいった父娘の話である。全編を覆っているのは、人間として越えてはならない一線を越えてむさぼりあい、魂の片割れとなった二人がどこまでも堕ちていく話である。なぜこんなことになったのか。二人は世間の目から逃れ、アパートの一室で息苦しくも淫靡な生活を行う。押入れの中には腐ったモノがビニールに包まれて押し込められているように、その関係は、腐りかけた果物のように匂いたち、男の匂いと女の匂いが文中からゆらめいていくのである。

 少々癖のある文体からエロティックで不穏な空気が漂ってくる。カサカサに乾いた皮膚がしっとり濡れていくように、二人は喜びで満たされていくのである。だが、奪い合う性愛がいつまでも続くはずがない。二人が抱えているある事情により、心はどうしようもない哀しみで溢れていくのである。だから花は、こんな腐れきった関係から逃げ出し、まっとうな家庭を築きたいと願うのである。

 なぜこの父娘がこのような関係になっていったのか。その理由を本書は時間を遡って徐々に明らかにしてゆくのである。第1章の現在から、第2章、第3章と、だんだんと過去に遡り、最終章で震災で一人ぼっちになった花を必死で探していた淳悟にわれわれは会うのである。そしてそこで、われわれは知ることになる。やっと花に会えた、と言う淳悟がいたことを。

 震災やオホーツクの冷たい海を背景に桜庭は、絶望を、他人との拒絶を、閉じられた世界の中で描いてみせたのだ。そこには哀れみも慈悲も同情も寄せつけない強い意思があった。だけど読者は最後に知るのである。ただただ、優しい、と。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
----

こんばんは。
読み応えありましたね。
父娘の禁忌と秘密の重さに捕らわれ息苦しくて。
読後呆然としてました。
そして気がつくと、思わず最初の一行に戻っていました。

トラバさせていただきました。

- from 藍色 -

----

藍色さん

はい、読み応えありました。
傑作と思う、なんて書きましたが、あとで検討してみたら「傑作」でした。
読了したら第一章に戻らないといけなかったようです。そうすれば作者が語らない先が見えてきたはずなのです。

- from でこぽん -

   非公開コメント  
スポンサーサイト『私の男』 桜庭一樹 文藝春秋のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

装幀は鈴木成一デザイン室。装画はMARLENE DUMAS Couples(Detail)。初出別冊文藝春秋。 震災孤児の竹中花・9歳は遠縁の腐野淳悟(くさりのじゅんご)・25歳の養子になり、一緒に暮らして15年、24歳と40歳。2008年6月、花の結婚
2007.11.17.Sat .No17 / 粋な提案 / PAGE TOP△

みんなの前で情けなさをさらす、わたしのたったひとりの親族。そのひとりきりの退廃に
2008.03.05.Wed .No32 / COCO2のバスタイム読書 / PAGE TOP△
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。