ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『押入れのちよ』 荻原浩 新潮社 
2006.06.09.Fri / 00:14 
押入れのちよ押入れのちよ
(2006/05/19)
荻原 浩

商品詳細を見る

  ★★★★★

 荻原浩は肌に合わないので読むのを止めようかしらと思っていたら、素晴らしい短篇集を出してくれました。なんだ、こんなにいいものが書けるんじゃないの、だったら最初から書いてよね、とぷりぷりしながら同時に、溜息が出るくらいに美しい文章に浸らせてもらいました。

 最初の「お母さまのロシアのスープ」でめろめろです。しっとりした文章から、双子の女の子の可愛らしい姿が目に浮かびます。外国の景色がふわりと目の前に広がり、風の匂いや花の香りがしてきます。のどかな風景だなあと思っていたこれらがすべて伏線となって、あっと驚くオチが待っていました。その寂しさはなんとも言えません。

 次の「コール」と最後の「しんちゃんの自転車」はじんとくる話です。よくあるネタですが、とくに「コール」のミステリ的な味わいは微笑ましくもあり大好きです。何度も読み返してしまいました。

 表題作の「押入れのちよ」は、今までの荻原浩らしい笑えてほろりとする作品。物語としても良く出来ていてこれが一番安心して読める作品でしょうか。押入れに住んでいる、明治三十九年六月九日生まれのちよちゃんが、なんといっても可愛い。シリーズ化希望です。

 「老猫」のぞわぞわとした恐怖に、うひゃあ、となり気になって気になって読んだ先はなんとも気色の悪い話でした。同じように「介護の嫁」もホラー色の強い作品です。こちらも、悪臭が漂ってくるような、とんでもホラーですが、どちらも恐怖とコメディがいっしょになったような作品で面白いです。

 コメディといえば、「予期せぬ訪問者」です。バタバタと動き回っている主人公が追い詰められていくのですが、その様子が滑稽で、なのに主人公の恐怖心が伝わってきて楽しかったです。「殺意のレシピ」も笑えましたね。長年夫婦をやっていると、こんなふうに思うことも案外多いのでしょう。

 かくれんぼして行方不明になった妹を探す「木下闇」。それほどホラー色は強くなくて印象が薄い作品ですが、田舎の風景と相まっていい色合いを出していましたね。

 素晴らしい短篇集でした。

 お薦めです。
**************

これは面白かったなあ。
美しい文章に惚れ惚れしちゃったよ。
だいたいわたしは変な作品が好きなので
「老猫」とか「介護の嫁」とか、ちょっとどうかと思うものも好きなんですね。
それにしても最初の「お母さまのロシアのスープ」には参りましたよ。
オチは途中で判るのですが、それにしても、いやはや。
オチが判るといえば「殺意のレシピ」ですね。
これには笑っちゃいましたね。
中身のほうはちょっとムカムカきましたが。
「しんちゃんの自転車」には感動です。

「押入れのちよ」は本当に良かったです。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『押入れのちよ』 荻原浩 新潮社のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。