ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『心に龍をちりばめて』 白石一文 新潮社 
2007.11.20.Tue / 14:06 
心に龍をちりばめて心に龍をちりばめて
(2007/10)
白石 一文

商品詳細を見る

  ★★★★★

 「生きる」ことをテーマに人生の意味を問いかけてきた白石が、今回はそういう鬱陶しいことは抜きにして目一杯愉しんで読める小説を書いてきた。これには驚いた。いつもは何度も読み返す哲学的な箇所が多々あるのだが、そういうところが全くなくノンストップで一気読みである。これほど没頭して読書をしたのも久しぶりのような気がする。それほど面白い。

 誰もが振り返るほどの美貌の女性がいる。美帆、34歳。結婚を控え、お茶大を出てフードライターをやっている。年収は2000万。彼氏はもちろん(?)東大卒。政治家を目指すエリート記者である。

 とまあ、ここまでは実に白石の好きな設定である。喧嘩売ってるのか、と思うのはいつものこと。彼氏が東大と聞いた時点で、美帆の出た大学がお茶だろうと思ったのだが、まさしくそれだったのには笑ってしまったが。いやはや。

 しかし、今回はここからが面白かった。このエリートの二人に対して、正反対ともいえる男を出してきたのだ。それが龍の刺青を背負っている幼馴染みの優司である。片やエリート記者、片やヤクザ者である。考え方のまるで異なる二人を前にして美帆が思うのは何であるのか。彼女を巡る二人の男たちの間で翻弄され、揺れ動いていく葛藤がじつに読み応えがある。出生の秘密から始まり、親との繋がり方。仕事を持つ女としての考え、あるいは恋愛における嫉妬、打算にまみれた結婚観。そういうのをひっくるめて今さらのように思うのは、人としてどうあるべきなのか、ということなのである。

 美帆を通して自分自身と対話していく面白さ。そしてそこから生まれてくる喜び。そういった面白さがこの小説にはある。ラストの母と子のドラマは感動的であった。

 お薦め。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
----

はじめまして。よろしくおねがいします。
白石さんの本は「永遠のとなり」に次いでこれが2冊目の体験ですが、好きな作家さんになりました。
「永遠の」とはおもむきがちがいますが、人間のとらえかたは共通していて、好感がもてますね。

- from ハナメガネ -

----

ハナメガネさん

はじめまして。
ようこそいらっしゃいました。

白石さんは大好きな作家さんです。なので、たくさんの方に読んで欲しいと思っています。
友人にも勧めていますが面白いと言って、今読んでいるようです。
ハナメガネさんも気に入ってくださって本当に嬉しいです。
どうぞ他の作品もお読みくださいね。

- from でこぽん -

   非公開コメント  
スポンサーサイト『心に龍をちりばめて』 白石一文 新潮社のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。