ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ダブル』 永井するみ 双葉社  
2006.10.15.Sun / 22:17 
ダブルダブル
(2006/09)
永井 するみ

商品詳細を見る

 相馬多恵は、駆け出しのフリーライターである。多恵が本当に書きたいものは、「人間という生き物の不思議さ、しぶとさ、哀しさが伝わるもの」である。そんなとき「いちゃつきブス女」と「痴漢に間違われた鉄道マニア男」という、被害者に対する思いやりのかけらもない言い方で注目を浴びている二つの事件が起こる。二人の人生を調べてみれば面白そうだと打算含みもあった多恵なのだが、自分が知りたいと願っていたことがここにあるのではないかと思ったのも事実なのだ。取材を進めていくうちに、ある女性に辿り着く。まさか、彼女が、と思うほど外見はおっとりとした可愛らしい女性なのである。彼女を追えば追うほどにかつてない犯人像と動機にとりつかれていく。
 
 この二人の被害者は、他人に不愉快な思いをさせる要素がたくさんあった。肥満だったり、ブスだったり、香水がきつかったり、声がキンキンしていたり、と。見た目が悪いと、無責任な世間の人たちは被害者に対してにやりと笑うだけで同情さえもしないのである。気の毒なのは確かなのだが、これでは恨まれてもしかたがないのでは、と思うのも正直なところである。読んでいくうちに、それはどうしてなのか、なにがそんなに人を不愉快にさせるのかということがわかってくると、恐ろしいことに、犯人の気持ちに同調していくのだ。と同時に、犯人に迫っていく様子に目が離せなくなるのである。こんなにドキドキするのは久しぶりである。まるで肌が粟立つような、それでいて、なんともいえない嫌な感じもするのだが、面白いのも確かなのである。犯人の不気味さ。いったい何を考えて事を起こしたのかわからないというような、得体の知れない犯人の不気味さに怖気出すのだ。
 
 永井するみは、女性の気持の描き方が抜群に巧い作家なのであるが、本書の、気持ちの悪い不気味さは群を抜いている。平凡な主婦が普段どんなことを考え、世間一般にはどんなふうに見えているのか。働く女性として雑誌のライターを登場させ、彼女と対比させて、同年齢の家庭が中心なだけの自分勝手な人物との心理合戦は素晴らしい。
 
 驚愕の事実が待っているのだが、それにも増して最後に辿り着いたほっとするような温かい気持ちには救われる。世間一般には疎まれていると思われている人物も、近くにいる人にとってはとても大切でかけがえのない人だったりするのである。そこに気づかせてくれて、不覚にもほろりとさせられるのであった。
 
 一気読みです。お薦め。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『ダブル』 永井するみ 双葉社 のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。