ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ハッピーエンドにさよならを』 歌野晶午 角川書店 
2007.11.22.Thu / 23:53 
ハッピーエンドにさよならをハッピーエンドにさよならを
(2007/09)
歌野 晶午

商品詳細を見る

楽天で詳細を見る

  ★★★★★

 これは面白かった。好きだなあ、こういうの。

 結末がどれも“ハッピーエンドにさよなら”のものばかりの、ブラックでビターな味わいの短編、及び掌編集である。

 大概の人間が、犯罪を犯すことも犯罪に巻き込まれることなく、大過なく人生を終えるはずだ。ではなぜそうではない人間が出てくるのか。その差はいったいどこから生まれてくるのか。それを歌野は見事に描き出してみせている。

 さまざまな子供や親がでてくる。例えば、愛されていないどころか、無視され疎んじられていると知った子供がいたらとしたら。嘆き悲しむのは当たり前だろう。幼い頃より、学歴のない父親が職場で苦労している姿を見てきた子供もいた。よりよい学歴を取得したい気持ちになるのも無理はない。早慶にも受かり東大が合格圏内にあったのに不合格となったら、やはり浪人を選ぶだろう。そんなとき親はどうすれがいいのだろうか。いつの時代にも、子を思う気持ちは同じである。叱咤激励し、いい学校に入れたいと願う親。いじめの心配もある。実際にいじめられていた子供もいた。それを誰にも言えず、どうしようもなくなったときにとった行動とは。あるいは自分の子供がいじめをやっていたと知ったときには、親はどうすればいいのだろうか。そういえばお受験に入れ込み、熱がエスカレートして、ときには体罰を与えてしまう母親もいた。
 
 果たして、これらの人達が特別な人とは思えない。どこにでもいる普通の人達である。それをまるであざ笑うかのように一転させてみせるのである。その出色の出来映えだったのが最後の作品、「尊厳、死」である。主人公が言う。「火薬はそれだけでは爆発しない。発火するためには火が必要だ」。このセリフでこの短編集が目指していたのが見えた気がした。

 お薦め。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『ハッピーエンドにさよならを』 歌野晶午 角川書店のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。