ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『カレンダーボーイ』 小路幸也 ポプラ社 
2007.11.27.Tue / 12:51 
カレンダーボーイカレンダーボーイ
(2007/11)
小路 幸也

商品詳細を見る

  ★★★★★

 現在48歳の三都は大学教授。同じ大学の事務局長である安斎とは小学校の同級生だ。ある日二人は、身体だけ小学5年生になっていた。2006年現在から1968年6月15日にタイムスリップしたのだ。しかも一度ならず、寝て起きるたびに精神だけが過去と現在を行き来する。目が覚めると小学5年生になり、次の日は、その記憶を持ったまま大学教授と事務局長として会話するのである。

 突拍子もない設定なのだが、そこは小路幸也の巧いところで、どんなに変な設定でも物語の枷とはならない。それどころかその設定に魅了させられてしまい、後で考えると「あれ?」と思うようなところでも夢中で読ませられてしまうのだから、さすがである。

 くたびれた中年の身体が一晩でぴちぴちの身体になるのだ。羨ましい。48歳の大人の知識に小学5年の身体が軽々と反応してくれて、まるでスーパーマンのような活躍してくれる。次第に、あたかも自分自身がその場にいるような錯覚をしてきて一喜一憂するのである。

 あのときはこうだったなあと、ぼんやりとしか覚えてないものが、いきなりワープして昭和の時代を再現してくれるのだから嬉しい。そういえば、小学校は木で出来ていたなあ、とか。もちろん机も椅子も木で出来ていたが。そのときの遊びの風景やら暮らしが目の前に出現するのである。ある年齢以上の読者なら懐かしくてたまらないだろう。

 そういうわくわくする出来事がページを捲るたびに起こるのである。が、やはり二人は48歳の大人だった。直に、なぜ自分達がこの時代に戻ってきたのか考えるのである。そして過去の出来事を変えようと思うのだった。三都は一家心中した里美ちゃんを救うため、安斎は大学を救うため。鍵を握るのが、「三億円事件」だった。この後二人の行動はお楽しみということになるのだが、過去を修正するということがどういうことなのか、この小説は教えてくれることになる。

 回収されていない伏線も多く、またすべてを語っているわけではなかったため心残りもあったのだが、それを捻じ伏せて一番大切なことを教えてくれた。大事なのは一つだけ。それは、何かを得るということは何かを失うということ。自分にとって一番大切なことは何か。そして大切なものを守るためには、やはり別の大切なものを失うことしかないのか。そういうことを、改めて考えてみる機会を与えてくれた小説であった。

 最後は、どうしようもなく切なくて切なくて、感動してしまった。
 一気読みである。

 お薦め。

スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
----

こんばんは。
はじめは二人が交互に語っていることに戸惑いました。
この結果は、2人にとっては過酷すぎる気がして、とっても切ない気持ちになりました。

以前のコメントのお言葉に甘えて…
「さよなら、そしてこんにちは」、「ダイイング・アイ」 
そして、この記事に
トラックバックさせていただきました。

- from 藍色 -

----

藍色さん

コメントレスが遅くなってすみません。

ものすごくいい歳をしたオッサンが小学生になっちゃうんですから羨ましいし、そんな二人の会話が面白くて仕方がなかったです。
ラストは……あれがハッピーエンドのような気がします。でもほんとに切ない。

- from でこぽん -

   非公開コメント  
スポンサーサイト『カレンダーボーイ』 小路幸也 ポプラ社のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

装画は磯良一。装幀は坂川栄治+永井亜矢子。ウェブマガジン「パブリデイ」連載を加筆修正。 大学教授の三都充と事務局長の安斎武は同僚で48歳の同級生。ある日ふたりは、2006年の現在から1968年の小学5年生へ意識だけがタイムスリ
2008.01.30.Wed .No28 / 粋な提案 / PAGE TOP△
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。