ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『HOMETOWN ホームタウン』 小路幸也 幻冬舎 
2005.08.29.Mon / 12:58 
ホームタウンホームタウン
(2005/08)
小路 幸也

商品詳細を見る

  ★★★★☆

 中学生の時のある事件のせいで、家も家族もすべて失ってしまい故郷を離れなくてはならなかった主人公が再び故郷へ向かわなくてはならなかった、そんな家族探しともいえる物語です。

 札幌の百貨店に勤める主人公の行島征人。まだ27歳の彼が、デパートでは役付きの部長。ここで彼は特殊な仕事をしています。この設定がいかにもヒーロー物のようで格好いいです。

 物語は、いつもの穏やかな日常の一こまから始まります。主人公の影にはちらちらと不安が付き纏っていますが、まだ何も始まっていません。

 そこへ、何年も会ってなかった妹の木実から、結婚するという手紙をもらいます。ここからこの物語は動き出します。二つの失踪が同時に起こります。一人は結婚も決まって幸せのはずの妹。もう一人は、征人と同じデパートに勤務している、妹の婚約者である青山です。

 征人は彼らを探すために、十年以上も帰らなかった故郷の旭川へ向かうことになります。どんな理由で故郷を後にしなくてはならなかったのか、それはまだわからないのですが、どんな理由にせよ家族が離れ離れにならなくてはならないというのは、そして親がその理由であるなら、子供にとってこれほど辛いことはないのです。

 征人の、淡々と話す内容は、時にはドキリとすることもあり、またほろりとなってしまって考え込んでしまいました。親はどんなときでも子供を守らなくてはならないのです。ずっと〈家族〉というものを追い求めていた征人の、数々のエピソードはこの物語に深みを与えてくれます。

 とにかく征人の性格が良いですね。ひょっとしたら暗くなってしまうだけかもしれない話なのに、そうはならなかったのは、この征人の性格のお蔭です。小路さんの書く人物に悪い人はいません。今回も、ちょっと理由ありの人やヤクザが出来てきますが、そんな人達も決して嫌な感じがしない。どころかユーモラスでさえあるのです。誰もが皆優しいのです。これは読んでいて非常に嬉しいことです。

 私は、征人が故郷の街で久しぶりに再会した場面で、不覚にも涙がでてきてちょっと慌ててしまいました。決して大袈裟に書いてはいません。ですが、少ない文字数に込められた想いにやられてしまったのです。

 じわじわと真相に近づいていく傍らで、征人の周りで助けてくれる人達。家族には恵まれなかったかもしれませんが、征人の傍にはいつでも家族同様の人達がいました。心の中にはいつでも暗い想いがあったかもしれない征人でしたが、これからは妹と共に吹っ切れて上手く生きてゆけるのではないでしょうか。いつまでもじんわりと心に残る話となりました。

 お薦めです。

スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『HOMETOWN ホームタウン』 小路幸也 幻冬舎のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。