ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『HEARTBEAT』 小路幸也 東京創元社 
2005.04.30.Sat / 13:12 
HEARTBEAT (ミステリ・フロンティア)HEARTBEAT (ミステリ・フロンティア)
(2005/04/25)
小路 幸也

商品詳細を見る

  ★★★★★

 ミステリ・フロンティア第15回配本です。

 今年の雪が降った日から、桜の花が咲く日までと待ち遠しく思い、楽しみにしていた一冊です。表紙のカバー写真は朝焼けのシーンでしょうか。紫がかった綺麗な装丁です。手に持った感じもとてもいいですね。あらすじを読んで、さてCONTENTSです。あら、斜めに印刷されていますね。まあ、素敵。溜息が出そうなくらいに凝った言葉の配列ではありませんか。一体どんな物語なのでしょう。

 一言で表すなら、<奇跡>の話でした。

 不可思議というにはあまりにも美しくて悲しい、だけど希望に満ちた世界です。それを受け入れられるか否かで、この物語の印象は随分と変わってくるのではないでしょうか。

 たしかに小路さんが仰っておられたように、この小説はミステリではないかもしれません。ミステリとして捕らえていると、ラストで脱力してしまうかもしれませんしね。多くの謎が徐々に明らかになっていっても肝心の「弥生」の秘密はそのままでしたし。そんなちょっとした不満も「ハートビート」の答えが明かされたときは、おお、なんて思ってしまったのでした。

 構成に工夫が凝らされ、少年と男性、少女と女性の視点で交互に語られ、そしてキーパーソンとなる男性が物語の真実を明かします。

 優等生の委員長と不良少女の恋。十年後の約束。一億円の謎。少女の居場所。ニューヨークの<暗闇>。失踪の理由。おばけ。

 マッチブックの格好良い火の点け方を教えてくれた最高の「相棒」は、どんな想いで過去を思い、未来を思ったのでしょうか。いえいえ、そういう考えが及ばない、言葉にも表すことが出来ないほど、甘くて切ない想いがあったのでした。

 帯には「信じている。いつかまた会えることを。」となっていました。これを私は単に<再会>という意味だけに捉えていたのです。ですが、読み終わってこの言葉を眺めていると、ああそうだったんだと、ずっとずっと切なくなってくるのでした。

 小路さんの作品が大好きな理由の一つに、読後の余韻を持ったまま頁の最初に戻ることがあります。今回もすぐ再読したくなりました。読み始めて驚きました。最初の印象と全然違っていたのです。甘くて、頼りなくて、儚くて、優しい。そんなお話なのでした。

 とにかく、面白いです。面白くて、面白くて。物語に引き込まれて、捲る手が止まりません。
 そして、ラストです。……。

 お薦めです。

 マイレコに投稿させていただきました。
 http://myrecommend.jugem.jp/?eid=417
 追記
 ええと、思うところあって、評価を変えたいと思います。
 ★★★★☆から★★★★★に変えますね。
 これを書いた後で、いろいろと、いろいろと、考えて、考えてですね。
 ネタバレになってしまうので、何も書けませんが、まあそいうことですのでよろしくです。


[コメントを書く]

# のぽねこ 『お待たせいたしました。『HEARTBEAT』、読了しましたので、記事にアップしました。トラックバックもしようとしたのですが、やはりこちらからはできないようです。お願いしますね。
本当に素敵な話でした。』

# でこぽん 『のぽねこさん、お久しぶりです。
はい。今からトラバしますね。お願いします。』

# ゆうき 『ネタバレを絶対したくないばっかりにろくな感想がかけなかったんですが、トラバさせてもらいました。この本わたしも大好きです。』

# でこぽん 『ゆうきさんTBありがとうございました。
ゆうきさんも大好きと仰ってくださって本当に嬉しいです。
再読したくなる作品ですよね。』

# snowkids99 『なぜか、本サイトのyahoo!blogsからはTBできないので、記録用の「はてな」のほうからTBさせていただきました。
好きな作家なのですが、残念ながら今回はちょっと評価できなかったです。
でも、みんな評価してますね。困った奴め、ぼくの感受性。
http://blogs.yahoo.co.jp/snowkids1965/9264780.html』

# でこぽん 『すのさん、こんにちは。
あら、駄目でしたか?
それは残念でした。
小路さんは8月にも新刊が出ますので、それに期待しましょう。』

# 小路幸也 『こちらにコメントさせてもらいます。いつもありがとうございます本当に。
帯のコピーは編集者の方の作なんですが、元広告屋の眼で見ても「やるなぁ」と唸りました。
この作品の好感度を三割ぐらい上げたのではないかと思います(^_^;)。
僕はブックマッチの火の点け方をかなり練習したのですが、巡矢の域には達しませんでしたね。
どうぞこれからもよろしくお願いします。』

# でこぽん 『小路幸也さん、こんにちは。
こちらこそいつも素敵な物語をありがとうございます。
この帯のキャッチコピーが泣きたくなるくらいにいいですよね。思わず手に取りたくなります。ふふふ。さすが編集者の方はよくわかってらっしゃいます。
ああ、そうですか。ブックマッチの火の点け方はそんなに簡単にはできないんですね。
巡矢は素敵な青年でした。スマートな火の点け方は本当に格好良くてすっかりファンになってしまいました。
彼のこれからが気になります。
これからもどうぞよろしくお願いしますね。』


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yookoo/20050430
[シルバー]小路幸也「HEARTBEAT」
小路幸也『HEARTBEAT』
[本:サ行の作家]小路幸也『HEARTBEAT』
HEARTBEAT
HEARTBEAT [小路幸也]
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
----

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

ラストにショックを受けました。
残酷に思ったりもしましたが、
小路さんの優しさあたたかさも感じられましたね。
帯の言葉を読んで、ますます切なくなりました。

トラックバックさせていただきました。

- from 藍色 -

----

藍色さん

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

帯のコピーはじーんときちゃいますね。
本当にいいお話でした。
トラバありがとうございました。

- from でこぽん -

   非公開コメント  
スポンサーサイト『HEARTBEAT』 小路幸也 東京創元社のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブックデザインは岩郷重力+WONDER WARKZ。東京創元社ミステリ・フロンティア。 一方の語り手、委員長こと原之井修は、高校の同級生で不良少女のヤオと十年前の約束を果たすためニューヨークから帰国。でも当日ヤオの夫を
2008.01.06.Sun .No20 / 粋な提案 / PAGE TOP△
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。