ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『星と半月の海』 川端裕人 講談社 
2006.12.11.Mon / 22:51 
星と半月の海星と半月の海
(2006/12/01)
川端 裕人

商品詳細を見る

 これは素晴らしい。
 
 ペンギンとかサメとかパンダとか、果てはティラノサウルスまで、動物をテーマにした短編集。とはいっても、どこか滑稽で馴染みのない奴らばかりなんで、なんとも言えない、味わいのある動物小説だった。
 
 これがめっぽう面白い。読んでる最中、何度「面白い」とつぶやいたことだろう。表紙がそのテイストを表してくれているが、まさにこういうびっくり箱のような、それでいて丹念な取材と真摯な思索に裏打ちされた、学術的な趣のある作品集だった。
 
 最初の「みっともないけど本物のペンギン」は、動物園の飼育係である主人公が自分の飼育しているペンギン達の「堕落」ぶりに心底嘆くところから始まる。しんみりとわくわくした話。餌をおねだりする姿は確かに「かわいい」ようだが、野生動物のペンギンがそんなことでいいのかと。そんなときピンボケの写真に写っている、およそペンギンとは思えない物体が、もしかして絶滅したはずのペンギンではないかと思う。本物の野生ペンギンに会いたくて、日本にいないはずの謎のペンギンを追いかけてゆく。
 果たして主人公は、生きて出会うことができたのであろうか。先を急ぐわくわくした気持ちは、まさに以前に読んだ『銀河のワールドカップ』の高揚感に似ていた。
 
 次の表題作の「星と半月の海」は、これまた打って変わって、詩を読んでいるような、文章が色づいていくように魅力的であった。舞台は西オーストラリアの海。オーストラリアの研究者と日本人獣医がチームを組んでジンベエザメの回遊の秘密に迫っていく話。主人公の女性獣医がジンベエザメに寄り添って泳ぐ姿が、なんだか物悲しくて、どきどきしながら読んだ。娘の美月との親子関係にもはらはらと。きっと、大人しくて臆病で、環境に弱いジンベエザメを心の中で応援していたからだろう。
 
 「ティラノサウルスの名前」には、古生物学者とその息子の恐竜少年がでてくる。恐竜展の会場に現れた謎の「恐竜ファン」が「ティラノサウルス」という名前を脅かすのだが、結局この男は誰? ま、こんなことより、やはり子供の描き方が巧い。『竜とわれらの時代』をちらちら思い出して非常に楽しかった。
 
 あとは「世界樹の上から」「パンダが街にやってくる」「墓の中に生きている」と続く。先に出てきた人物達がまた登場して楽しませてくれる。
 
 どの作品も違った雰囲気があって、今までにないテイストで楽しませてもらった。一度読み出したら止まらない。最後まで夢中で読ませてもらった。やはり表紙カバーで購入決定したのは正解だったようだ。飾っておくのも良し、何度も読み返したい動物小説である。
 
 広くお薦めしたい。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『星と半月の海』 川端裕人 講談社のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。