ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ゴールデンスランバー』 伊坂幸太郎 新潮社 
2007.12.28.Fri / 19:44 
ゴールデンスランバーゴールデンスランバー
(2007/11/29)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

  ★★★★★

 いやはや、なんと表現していいのか。嬉し涙が出てきて、とにかく泣けた。素晴らしい小説だった。

 物語は、逃走劇というシンプルなもの。

 当時、仙台では今話題の新首相が凱旋パレード中だった。その首相の乗ったオープンカーに、空から降りてきたヘリコプター型のラジコンが爆発して、暗殺される。その実行犯として、30歳も越えて失業中の青柳雅春の名前が上がる。しかもなぜか犯人と断定されてしまい、警察の発砲なんて当たり前というとんでもない、言い訳無用の逃走劇がはじまってゆく。

 第1部から第3部は、蕎麦屋のテレビで事件を知った人がおり、また病室ではリアルタイムで視聴している人がおり、そして事件が終焉して20年後の話がされていく。それらがダイジェストで語られ、さまざまな伏線が張られてゆくのである。

 しかしここまでが淡白、無味乾燥。頁数としては70ページほど。ダイジェストであるのだから仕方がないと言えばそうであるが、小説としてなんら面白みがない。ところが第4部の「事件」で俄然面白くなるのである。400ページの長い頁数を割いて、大学時代の話やら恋愛話やらの過去の話を、現在のピンチな状況と交えて語っていくのだから面白くないはずがない。一つ一つのエピソードも面白いが、伏線がどんどん回収していくさまは見事と言わざるを得ない。

 巨大な敵と対峙したとき、どうすればいいのか。やはり、一個人では権力に対しては無力なのか。読み進んでいくにつれ、憤りが胸にわいてくる。理不尽な思いに駆られ、どうしてこんなことになったのか、と第3部までを何度も読み返したものだ。もちろんすべての謎が解き明かされるというわけではないし、事件の真相がはっきりと語られているわけではない。しかも事件の結末はすでに知らされている。だが、大学を卒業して今では連絡も取り合ってなかったかつての仲間たちが、先輩後輩が、アルバイト先や就職で係わった人々が、あるいはまったく係わり合いのなかった人たちが、本気で心配して損得なしで主人公を助けてくれるのだ。これには心底胸が揺さぶられてしまった。

 で、エピローグの第5部である。事件から3ヵ月後の話。ここはもう、涙なしでは読めなかった。とくに、ラスト5行には参った。滂沱である。ああ、良かったね、とほんとに嬉しかった。

 お薦め。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
----

こんばんは。
カットバックを巧く使いながら描き出していく話の展開、伏線の回収も見事でしたね。
ラスト5行、まさに滂沱でした。
「たいへんよくできました」です。

「クローバー」と、「女たちの内戦」と、こちらの記事に
トラックバックさせていただきました。

- from 藍色 -

----

藍色さん

「痴漢は死ね」とか巧かったですよね。
伏線の回収といい、ほんとに「たいへんよくできました」です。
またこういう小説を読みたいです。

コメントとトラックバックありがとうございました。

- from でこぽん -

   非公開コメント  
スポンサーサイト『ゴールデンスランバー』 伊坂幸太郎 新潮社のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

装幀写真は三谷龍二。装幀は新潮社装幀室。書き下ろし。 首相暗殺の濡れ衣を着せられた青柳雅春の逃亡劇。手に汗握って読みました。始めにマスコミの報道で犯人と思わされ二十年後の検証を経て、リアルタイムに事件を描き「真
2008.02.08.Fri .No31 / 粋な提案 / PAGE TOP△
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。