ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『砂漠』 伊坂幸太郎 実業之日本社 
2005.12.13.Tue / 19:49 
砂漠砂漠
(2005/12/10)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

  ★★★★★

 文句なしに面白かったです。ブラボーです。装丁のことを酷いとかなんとか言いましたが取り消しましょう。この変な顔がいいです。紙質の悪さも砂漠なんですから、これもOKでしょう。というわけで、絶賛です。

 仙台にある国立大学。要するに東北大ですね。そこの法学部の学生達の物語です。東北大といえば、ちょっとムッときたりするのですが。いえ個人的なことで。工学部はすごく難しいんですよね。だから憧れちゃうのですね。あ、これもどうでもいいことでした。だけど、そんな国立大で青春を過ごせるなんてやっぱり羨ましく思ったりして。

 そんな想いで読むものだから、もう全面的に楽しいわけです。ミステリではないですが、ちょっとした仕掛けやリンクした人物がでてきたりして、やはりこういう遊び心は嬉しいですね。
新入生の飲み会から始まって、卒業式まで。

 春の章、夏の章、秋の章、冬の章。そしてまた春の章に戻ります。

 麻雀の四風牌にちなんで、北村、南、東堂、西嶋、そして鳥井の男女5人が繰り広げる青春ものです。北村は、いつもの伊坂氏の主人公と同じタイプのようです。温度の低い、ちっとも面白味のない奴です。南は、大人しい超能力女。東堂は、笑わない冷めた美女。鳥井は、ぎゃははと笑う合コン男。そして西嶋に至っては、すぐ政治の話を出してくる鬱陶しい馬鹿です。でもみんな大好きです。初めは、しょうもない話にどうなることかと思いましたが、章が進むにつれて、キャラが頭に入ってくるとだんだん生き生きと動き出してきましたね。気がついたときは夢中で読んでいました。彼らが成長していったというのも大きく影響しているのでしょう。

 論文の課題がしょっちゅう出るのできつい。なんていう話もありましたが、それほど勉強している感じではなかったですね。代わりに、麻雀をいつでもどこでもやっていました。麻雀は漫画ではよく読んでいたのですが、全くわからなかったので、このシーンはちょっと残念でした。文系の学生はとにかくのんびりしているようです。

 馬鹿なことばかりやって、でもやっぱり後悔することがあっても、二度とない大学生活は本当に楽しいものです。恋愛と政治と超能力と、そして犯罪に関わって成長していきます。胸が締め付けられるシーンもあって、考え込んでしまうこともあったりと、読み応えのある中身のぎっしり詰まった一冊でした。

 お薦めです。
[コメントを書く]

# ザ・ワールド 『ほんとに最高でしたね!
自分まだ学生なんで今の生活がいかに大切なんだなぁ気づかされました☆
そしていかにはやく過ぎ去ってしまうかということに・・・

魅力のある人たちばっかりでしたね。
とくに西嶋が好きでした。
ストレートな言葉が胸につきささるんですよねぇ。』

# でこぽん 『ザ・ワールドさん、はじめまして。
聖月さんのところでお見掛けしたと思いますが、ようこそいらっしゃいました。
学生さんでしたら、とくに楽しかったんじゃないでしょうか。面白かったですよね。
とにかくキャラが立っていましたね。
とくに西嶋は印象的でした。言動が面白いのですね。初めのうちは、この馬鹿どうにかしてくれと思っていましたが、一番魅力的だったのが西嶋でした。』

# pnu 『私もこれ好きです!最初西嶋にはひきましたが…徐々に彼に慣れてくるから
恐ろしい…伊坂マジックでしょうか。
スタンダードに南ちゃんとナンパな彼のカップルが好きでした。
それだけにラストは、もうたまりませんでしたよ。
装丁はとにかくインパクトありまくりで、オシャレ感がなく、もったいない
感じですね。長嶋有「猛スピードで母は」の単行本依頼のインパクトでした。』

# でこぽん 『PNUさんも高評価でうれしいです。
この小説は本当に好きですね。
そうそう、西嶋は変な奴ですよね。だけど、この意味不明にみえるアホな言動にほろっときたりして…やはりこれは伊坂マジックでしょう。
南ちゃんはいい娘でしたね。このカップルは大好きです。二人のことを悪く言うひとはいないでしょう。そんなことを言うひとがいたら私がガツンと言ってあげます。
ラストは良かったですよね。ほんとたまりませんでした。
装丁に関しては、ふふふ、なんとも言えませんね。伊坂さんがこの装丁でOKを出したことが不思議ですが。まあいいでしょう。
「猛スピードで母は」も、あははは、不思議な表紙でしたね。』

# chiekoa 『読みました~。ほんと、最初のうちは「はずれか…」とか思ったんですけど、結局やられましたね。西嶋くんみたいな人が近くにいたら…はたして好きになるかキライになるか?!とかんがえてしまいました(笑)。』

# でこぽん 『あははは。ちえこあさんも「はずれ」と思いましたか。
最初の取っ掛かりさえクリアできれば、あとは面白くてどんどん読めちゃいますよね。
西嶋は魅力のある人物ですが、恋人にはしたくないです。それを考えると氷の女王(?)は、いやはや、大した女性です。』

# chiekoa 『そうですよね!我々がひいた「初手」で見抜いてるんですから。おそるべし!』

# でこぽん 『きゃあー!ちえこあさん、レス早すぎ!
くくく。あの「初手」は誰だってひきますよね。あれで読むのを止めちゃおうと思ったくらいですから。ほんと、おそるべしです。』

# BBrose 『遅くなりましたが、感想やっと書きましたのでTBさせて頂きました。だらだらと、おまけの想い出話付きです(恐縮)。まだ読み返してもいないのですが…取り急ぎ。
私も最初「はずれ…?」と思った組(笑)。でもよかったですよね。学生気分に戻って、しばしば想い出に浸ったので、読み上げるのにすんごく時間かかってしまいましたw。
でも伊坂クン好き、な気持ちは衰えません。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。』

# でこぽん 『ぶろさん、トラックバックありがとうございます。
催促したようですが、ぶろさんの懐かしい学生時代の想い出も読むことができたので、本当に嬉しかったです。
麻雀とボーリングはされなかったようですが、国立大の雰囲気が伝わってきてすごく面白かったです。女子が少なくてもてたという話は、きっと本当のことでしょう(笑)。大学時代は一番楽しいときかもしれませんね。『砂漠』でも、そのへんのところが出てきて読んでいて本当に楽しかったですね。
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。』

# BBrose 『いえいえ催促なんて、とんでもないですよ。今日は一日だけぽっかり空いていたので、久しぶりにPCの前にも居る時間がありました。遅くなった上に拙い感想ですみません; おまけの想い出話の方が、長かったですね(笑)。やっぱり今考えても地味~なキャンパスでした(笑)。でも思った以上に色々あったんですね。ホントは書けないようなことも、まだまだありましたが(爆)))。この本で、想い出させてもらいました。ホント若かったんだなぁ~。楽しかったなぁ、って重複させながら読めたのも良かったです。
今年もまた色々教えてくださいませ☆ 宜しくお願い致しますっ。』

# でこぽん 『ぶろさんのお話はいつも本当に楽しいので読んでいると元気が出てきます。
地味~なキャンパスと仰っておりますが、なかなかどうして物凄く面白いエピソードが盛り沢山で、楽しい想い出の数々でしたね。
やはり若いときというのは、ただそれだけで幸せな時間なのですね。
『砂漠』を読んでいると、そういう幸せなときを思い出してきます。同時に、皆さんが同じように幸せなときを過ごせることを願いますね。
それではまた。』

# 田村カフカ 『「砂漠」。
発売日の前々日に手に入れた僕の評価はイマイチ。
たしかに彼の作品は毎回次作を期待させますが、
僕の中では「アヒルと鴨のコインロッカー」が一番好みなのです。
そんな僕の伊坂作品を読むきっかけは弟の薦めでした。
たしか重力ピエロを薦められましたが、最初に読んだのは「アヒル」。
当時最新作だったという単純な動機です。
そんなわけで最近の作品に辛口の僕に伊坂大ファンの弟は機嫌が悪い。
伊坂のことをちょっとでも悪く言うと旋毛を曲げます。
なので伊坂の話は避けていたのですが、きょうなんと青山ブックセンターで
無造作に置かれた「砂漠」の伊坂直筆サイン本(一冊のみ)をみつけました。
その場で即購入。弟に興奮気味についつい自慢したのですが、
これにもまた弟は切れました。俺にそんな話するなと。
随分了見の狭い奴だと思いましたが、彼の身になると怒るのも当然!?
他人だとこんな嫉妬心は生まれないでしょうが、、
弟がサイン本を手に入れるまでしばらく冷戦が続きそうです。。。』

# でこぽん 『田村カフカ様
『砂漠』のサイン本ゲットおめでとうございます。
イマイチのサイン本購入というのが、イマイチわかりませんが。
『アヒルと鴨~』はイマイチでしたね。アヒルと鴨がよく似ているように、よくわからない話でした。
それはさておき、『死神の精度』がまた直木賞候補となって伊坂ファンはますます嬉しいですね。弟さんによろしくです。』

# snowkids99 『文句なくやられました。悔しいことに、でも爽快です。これは、ネットでなく、直接皆とお会いして熱く語りたい一冊ですね。キャラも全て立っていたし、内容もてんこ盛りだし。』

# でこぽん 『すのさん、高評価ですね。うれしいです。
本当にいろいろとよく出来ていて楽しく読めました。面白かったですね。』


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yookoo/20051213/1134534092
[ゴールド]伊坂幸太郎「砂漠」
砂漠 [伊坂幸太郎]
◎◎「砂漠」 伊坂幸太郎 実業之日本社 1600円 2005/12
[本] 05.12/28 『砂漠』/伊坂 幸太郎 
[伊坂幸太郎]砂漠
「砂漠」伊坂幸太郎

• http://d.hatena.ne.jp/yookoo/20060703
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『砂漠』 伊坂幸太郎 実業之日本社のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。