ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『死神の精度』 伊坂幸太郎 文芸春秋 
2005.08.02.Tue / 19:58 
死神の精度死神の精度
(2005/06/28)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

  ★★★★★

 やられました。

 「ウッドストック1979」の紅蓮魔さんの書評(http://gurenma.exblog.jp/1212412/)に圧倒されて、何よりも楽しみにしていた作品です。

 伊坂はここ最近『アヒルと鴨のコインロッカー』辺りから、軽妙さを前面に出してきているように感じられて、私の好みからはだんだんと懸け離れていっていました。作家生活に慣れてきたせいなのでしょうか、何の気負いもなく書けるというのは、利点ではあります。ですが、文体といい、内容といい、こちらの遥か彼方で語られる言葉は常に違和感が付き纏ってしまって心から楽しむことが出来なかったと言うのも本当です。

 それでも『チルドレン』では、その軽妙さが陣内というスパイスで面白さに変わり、それぞれの登場人物が生身の人間として身近に感じられて楽しむことができました。ところが、『グラスホッパー』で又しても、ついて行くことが出来ないものになってしまっていたのです。これは作家との温度差があったためでしょうか。

 さて、この『死神の精度』ですが、もうすでに紅蓮魔さんが的確に批評されているので今更何も申し上げることはありません。

 死神を通して淡々と語られる6つの短編集は、一つ一つが完成度の高い味付けになっており、オチも綺麗に決まって心地よい余韻を残しております。伊坂らしいといえば、そうだと言えますし、逆にまた今までの伊坂とは少し違ったきっちりとした話の運び方は、はっきりとしたイメージとして頭の中に描くことができ、物語をとても楽しむことができたのです。人間ではない死神という、少し高みの視点から語られる冷めた言葉は、一歩引いた目で見ることができたので、却って登場人物たちを生き生きと動かせてくれました。

 とくに最後の作品である「死神対老女」が絶品でした。伊坂の文章から、温度とか空気を感じ、周りの景色が鮮やかに浮かんでくるとは思いませんでした。読んでいるうちに、迂闊にも泣きそうになってしまいました。

 伊坂作品の中では一番好きな作品となりました。

 紅蓮魔さんにはこれをTBさせていただきます。
[コメントを書く]

# chiekoa 『確かに、今までの伊坂さんとちょっと違うぞ…って感じがしました。あと「少し高みの視点から」ってところ、私も同じこと思ったのでうれしいです!(というかほとんど同じ日に読んでたんですね~!読んだの3日くらいだったので!)』

# でこぽん 『ちえこあさん、TB&コメントありがとうございました。
あら、ほとんど同じ日に読んだのですね。
これもシンクロニシティ?
伊坂さん、すごかったですね。
これは傑作でしょう。』

# BBrose 『でこぽんさんこんにちわ☆ 『死神~』、私は(全く別のストーリーなのですが)以前観た映画のことが最初の方で浮かんじゃったことが敗因?でした(笑)。死神の存在の仕方が割と大きな設定だと思うのですが、その映画での“天使”のあり方が、似ているように思ったのです。それがなかったら、素直に星5つになっていたと思うのですが…。でもやっぱり伊坂さん、「伊坂クンていい人なんだけど…」と言われようと、大好きです(笑)。(TBさせて頂きますね☆)』

# でこぽん 『ぶろさん、こんばんは。
読まれていたのですね。どうも失礼しました。
TBありがとうございました。
あ、映画の場面が浮かんじゃったら、それはちょっときついですよね。
メグ・ライアンとニコラス・ケイジですか。

とにかくこれは文章が好みだったのですね。
やっぱり、伊坂さんはいいですね。』

# kadock 『Blogにアップしましたよ!
でこぽんさんとは印象がかなり違うのですが、まぁ読んでみて下さい。
それから、やっぱりトラバ出来ませんでした。ごめんなさい、何ででしょう。』

# でこぽん 『Kadockさんのレビュー拝見しました。
まずは、こちらにレスしておきます。
Kadockさんの感想を読んで、ふむふむと思いましたが、すみません、もうすっかり内容を忘れていたので自分の感想を読みました。おお、なんか物凄く絶賛していますね。
で、やっぱり良かったのだと思いました。すみません。どうも紅蓮魔さんに頼っているものですから、いまいち説得力がないですね。
それで、Kadockさんは面白かったのですか?「僕は好きだ」というところしか目に入りませんでした。あははは。読解力がないので、出来れば評価記号でもつけていただければと思うのですが。
TBのほうは、これをTBしますので、返してくださいね。』

# ☆すぅ☆ 『でこぽんさん、Merry Christmas!
伊坂初心者の私はこれで他のも読みたくなりましたが、何が良いのやら状態です。キャラクターが魅力的でした。(*^。^*)』

# でこぽん 『☆すぅ☆さん、Merry Christmas!です。
ケーキは食べましたか。
私は昨日作って食べました。でもまだあります。家のものが夜中のこの時間に食べると言ってます。太りますよね~。
伊坂さんはこの『死神の精度』も良かったですが、『砂漠』が傑作です。『魔王』は前半がいいです。
キャラクターが面白いので、是非お読みくださいね。』

# ☆すぅ☆ 『ケーキ食べましたよー。
さすがにこの時間ではないですが・・・(^-^;)
『砂漠』は予約しました。イエイ♪よかった、心強いです。
『魔王』はタイトルが怖そうなんで遠慮したんですが、チャレンジしてみようかなぁ。
あ、結局「ぬか床」返却してしまいました・・・えへ。』

# でこぽん 『☆すぅ☆さん、トラックバックありがとうございました。
先程から私も色々とやってみてるのですが、出来ないですね。どうしてかしら。
☆すぅ☆さんのほうからしていただいたので、もう一度あとでチャレンジしてみますね。
クリスマスはやっぱりケーキでしょうかね。
『砂漠』は絶対オススメです。
『魔王』は全く怖くありません。でも文章は息が詰まるほどもの凄いものがあります。すごくいいですよ。是非お読みくださいね。
あ、「ぬか床」は返却されましたか。う~ん、それが正解かもしれませんね(笑)。』

# でこぽん 『あれ?今、☆すぅ☆さんのところへ行ったら、トラバできてましたね。あれれ?
トラバに失敗しましたという表示が出ていたのですが。ふむむ。
なにはともあれトラバ出来て良かったです(^^)』


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yookoo/20050802

[シルバー]伊坂幸太郎「死神の精度」
死神の精度 [伊坂幸太郎]
[本] 『死神の精度』/伊坂 幸太郎 
死神の精度 / 伊坂 幸太郎
死神の精度
『死神の精度』


• http://d.hatena.ne.jp/yookoo/20060105
• http://d.hatena.ne.jp/yookoo/20060120
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『死神の精度』 伊坂幸太郎 文芸春秋のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。