ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『エピデミック』 川端裕人 角川書店 
2008.01.08.Tue / 02:48 
エピデミックエピデミック
(2007/12)
川端 裕人

商品詳細を見る

楽天で詳細を見る

  ★★★★☆

 舞台は、C県T市(千葉県館山市)。その、農業と漁業の町・崎浜で、インフルエンザ患者が続出する。総合病院に運ばれた患者は3人とも、突然、体全体が発火したように高熱がでて昏倒してしまったのだ。果たしてこれはSARS級の新型インフルエンザなのか。多くの患者がすぐに肺炎にまで症状が進み、為す術もなく死んでしまうのである。国立集団感染予防管理センターのフィールド疫学者・島袋ケイトは、同僚の仙水望、総合病院の高柳医師、保険所所員の小堺らと共に感染現場に赴き、感染経路の究明と疫病の元栓を閉めることに奔走する。

 「竜とわれらの時代」の川端が帰ってきたような重量感のある小説だった。竜のときも恐竜学を学ばせてもらったが、今回はあまり馴染みのない“疫学”という学問を非常に興味深く読ませてもらった。

 小説の形としては、ミステリーの体裁をとったパニック小説のようにみえる。が、単なるサスペンス小説と決め付けるのは惜しい。おそらく綿密な取材と調査を行ったのだろう。膨大な資料をもとに“疫学”の現在の立場を示し、問題点を洗い出し、今までいかにして病原体と闘い、どれほどの犠牲を払ってきたのかを語りたかったのではないだろうか。

 繰り返される状況がエンターテイメントとしてはテンポを悪くしているし、度重なる疫学用語に多少嫌気が差すこともあるが、“疫学”小説としては非常に読み応えがあり面白かった。出来ることなら、もっと子供たちの描写を入れてくれてサクサク進んでくれると有難かった。やはり川端氏の真価が発揮するのは、子供たちの心理描写や行動ではないだろうか。

 お薦め。
**追記

 新婚当初、千葉県の富津市というところに5年ほど住んでいました。社宅だったので社宅料が三千円だったのでなんとかやっていけたのですが、新入社員だったこともあり、お金がなくてお豆腐を買うのも悩む日々でした。でも近くには富津公園もあって、テニスをしたり、公園で遊んだり。車で一時間も走れば館山ファミリーパーク(本書にもでてきます)もあって、お金がなくても毎日楽しかったですね。

 本書は、東京近郊のC県T市となっていましたが、すぐに分かりました(笑)。そんなこともあり、とても楽しんで読ませて頂きました。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
----

こんにちは。
すごく読み応えがありました。
娯楽小説としても楽しめましたが、
「疫学」の現在と問題点までも描き出していましたね。

トラックバックさせていただきました。

- from 藍色 -

----

藍色さん

こんにちは。
いやあ、ものすごく読み応えのある小説でした。
疫学のことも少しわかって良かったです。

トラバありがとうございました。

- from でこぽん -

   非公開コメント  
スポンサーサイト『エピデミック』 川端裕人 角川書店のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

装画はアンリ・ルソー『戦争』。装丁は高柳雅人。書き下ろし。 東京近郊の町、崎浜で重症化するインフルエンザ患者が続出。現場に入った国立集団感染予防管理センター実地疫学隊隊員・島袋ケイトと仙水、総合病院の高柳医師、保
2008.01.16.Wed .No23 / 粋な提案 / PAGE TOP△
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。