ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ダイイング・アイ』 東野圭吾 光文社 
2008.01.23.Wed / 00:21 
ダイイング・アイダイイング・アイ
(2007/11/20)
東野 圭吾

商品詳細を見る

  ★★★★☆

 なあ~んだ。やっぱり面白いじゃないの、東野圭吾。

 本が出たとき、金欠で買わないでいたら、どうやら不評のようなのである。なので、これは図書館で借りるほうが無難だろうと辛抱強く待って、このたび有難く読ませてもらった。

 冒頭、いきなり深夜に自転車を漕ぐ若い女性の描写である。なんだってこんな時間に自転車なんかに乗っているんだ、と危惧していたら、案の定、凄まじい交通事故の描写である。人が死んでいく瞬間をまるでスローモーションのように描いていくのだから、さすが東野圭吾だ、と思わず唸ってしまった。それほど秀逸なのである。

 さて、ここからこの物語が始まるのであるが、いったい何故こんな事故が起きてしまったのか、運転していた奴は誰なんだ、ということが頭から離れない。どうやらバーテンが事故を起こした本人であり、この物語の主人公のようである。ところが、何者かに頭を殴られて病院に担ぎ込まれた主人公は、交通事故のことをすっかり忘れており、記憶の一部が抜け落ちてしまうのである。記憶を取り戻したいと思った彼は、刑事の真似事を始めるのだった。彼が動くたびに謎が一つ増えるのである。読者はいったいこの先にどんな真実が待っているのかと、ぞくぞくしながら読んでいくことになる。

 冒頭のあまりの素晴らしさに眩暈がしながら、これほど面白い書き出しだと、中盤が辛いかなと思ったのであるが、主人公の魅力も手伝って、謎を引っ張っていく書きぶりは、なかなかどうして面白かった。ただ、読書サービスとしか思えない濡れ場は必要ないし、派手な演出とオチの平凡さがこの作品を中庸なものにしてしまっていたのが、残念。とはいえ、ミステリ仕立てのサスペンスというのか、ホラーも加えた奇抜な発想は、最後まで一気に読ませる力があり、面白かった。

 ということで、オカルトチックな変な小説を読みたいという方に激しくお薦め。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『ダイイング・アイ』 東野圭吾 光文社のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

装幀は泉沢光雄。初出「小説宝石」。 直視しがたいプロローグの後―。バーテンダーの雨村慎介は襲われ意識不明。病院で目覚め、失った一年半前の人身事故の記憶を調べ始めると不穏な出来事が。記憶を思い出せないもどかしさ。会う
2008.01.30.Wed .No27 / 粋な提案 / PAGE TOP△
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。