ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『警官の血』 佐々木譲 新潮社 
2008.01.27.Sun / 23:58 
警官の血 上巻警官の血 上巻
(2007/09/26)
佐々木 譲

商品詳細を見る
警官の血 下巻警官の血 下巻
(2007/09/26)
佐々木 譲

商品詳細を見る

  ★★★

 このミス一位だというのと、直木賞候補作品というので、かなりの期待を持って読ませてもらった。結論から言えば、皆さんが騒ぐほど非常によく出来たミステリ、あるいは面白い小説ではなかったということである。『制服捜査』が警察小説として非常に読ませる人間ドラマ的作品だったので、自分勝手に想像したというのも良くなかったかもしれない。本書も、警察小説としてみれば、父親、息子、孫の三世代にわたる警察官としての人生を描いているので、親と子を対比させて読んでも面白いし、また警察官とはどういうものであるのかを、それぞれの立場で考え感じたことを反芻していくのも面白いのだ。しかし、この人間ドラマにおいても、魅力ある描写が少なく、読後感にしても爽快だったとは言えない。泥臭いのもたまには良いのだろうが、エンタメ部分を期待している分、わくわく感から程遠いというのは、長い物語を読んできた者としては、ガッカリしてしまう。つまりは、格好良くなかった、ということに尽きる。またミステリとしても論理的展開に乏しく、伏線からというより、描写そのもので犯人が判ってしまうというのであれば、謎解きの面白さもなく、なんとも中途半端な作品だったとしか言えない。それというのも、この物語の中心となる、祖父の死の真相がおおよそ腑に落ちないものだったせいだ。動機が弱い、というより、そんなことだったのか、と脱力してしまうのでは、ミステリとしては読めない。ということで、三世代の話にする必要があった物語だとは思えなかった。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『警官の血』 佐々木譲 新潮社のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。