ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『みなさん、さようなら』 久保寺健彦 幻冬舎 
2008.02.22.Fri / 00:25 
みなさん、さようならみなさん、さようなら
(2007/11)
久保寺 健彦

商品詳細を見る

楽天で詳細を見る

  ★★☆

 団地を舞台に、ある青年の引きもり日誌ともいえる小説。

 各所で絶賛されているようなので読んでみたのだが、文体が説明的なせいか、最後まで話に入り込めなかった。生活の描写は細部まで丁寧だし、主人公の心理面もよく表されているのだが、この文体では感情移入はできない。団地から同級生が一人抜け二人抜けしていくところは、主人公の哀しみを肌で感じられるくらい共感できるのだが、それも最初のうちだけで、一体主人公は何を甘えているのだろうかという思いが始終付きまとうのである。引きこもりの理由もさることながら母親の気持ちが全く表されてなかったのもそれに拍車をかけていた。一人称だから制約あるだろうが、家族としての辛い気持ちが伝わってこないのは釈然としないのである。

 感情移入については作者の意図するものかもしれないが、心に重い枷を持っている者を描いていく場合、読者にそれを納得させるためには、事実を羅列するだけでは不足である。しかも今回の主人公の場合、あるトラウマのせいで自分の住んでいる団地から一歩も出ることができないのである。社会との係わり合いもなくなり、それに付随する人との係わり合いも狭い範囲内で終わってしまうのだとしたら、小説の楽しみの一つであるはずの自分の世界とは無縁のエピソードなんて読めないのだから、ワクワクした気持ちが持てる筈がないのである。無味乾燥な説明文をいくら読んでいても感動なんて起こらないのと同じように、自分の世界が広がっていかないのでは、やはり読んでいても詰まらないのである。

 団地から出なくても日常生活が不自由なく過ごせるというのであれば、それ相応の描写を見せてくれれば救いもあるが、現実的にいってそれは無理なことなので、いくら生活の細部に拘りの描写を見せられても、やはりリアリティに欠ける日常生活では、主人公の成長が嘘っぱちに思えてきて物語に入り込めないのだ。ラストは引こもりの主人公がある理由から団地から出て行けるのだが、これも拍子抜けで終わってしまった。結局、引きこもりだった主人公が過去を懐かしんでいるだけの話としか思えず、将来が見えてこないのでは元気になれない。ということで、わたしには合わなかった小説でした。ごめんなさい。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『みなさん、さようなら』 久保寺健彦 幻冬舎のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。