ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『TOKAGE 特殊遊撃捜査隊』 今野敏 朝日新聞社 
2008.02.23.Sat / 22:41 
TOKAGE 特殊遊撃捜査隊TOKAGE 特殊遊撃捜査隊
(2008/01/11)
今野 敏

商品詳細を見る

  ★★☆

 読了まで二週間。読んでは止め、また初めから読んでは止め、を100頁ほど繰り返していたが、さすがに読了しないとマズいだろうと、このあと一気に読んでみた。

 一言。このタイトルは詐欺だろ。

 特殊遊撃捜査隊という新シリーズらしいが、そもそもバイクで走っているだけのバイク部隊にどんな活躍、あるいは捜査ができるというのだろうか。トカゲ1とか、トカゲ2とか言われたって、ナイスバディのお姉ちゃんはまだしも、相棒の若い兄ちゃんが頼りないし。と、ぶちぶち不満を言っていたら、ほんとに彼らの活躍がほとんどないまま場面が次々移り変わっていったのには参った。一文が短くて会話で状況を説明するあっさり感はいつものことだが、こう視点が変わっていくのは、この分量では混乱する。第一、名前が覚えられないじゃないの。せっかく魅力的な(たぶん)新キャラも出てきたのだから活躍してくれないのでは勿体無い。

 3人の銀行員が誘拐されて、身代金が10億。警察側と銀行側、そこに新聞記者と。捜査を掻き乱すしか能のない管理官とか、真摯に取り組んでいく新聞記者などが入り混じって捜査は進んでいくのだが、これが結構面白い。トカゲ以外はキャラが立っているし、それぞれの考えが面白く読めていいのだが、なにせ視点が多すぎる。いったいどこに重点を置いて読んでいけばいいのか迷ってしまうのだ。あらすじを読んでいるわけではないんだから、もっとじっくり書き込んで欲しかった。

 で結局、サプライズなしの結末を迎え、ではタイトルにあるトカゲは何をやったのかと、思わず首を傾げてしまった。今回お薦めはしないが、ファンの方は読んでもいいかも。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『TOKAGE 特殊遊撃捜査隊』 今野敏 朝日新聞社のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。