ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『子どもたちは夜と遊ぶ』 辻村深月 講談社 
2005.06.28.Tue / 12:59 
子どもたちは夜と遊ぶ(上)子どもたちは夜と遊ぶ(上)
(2005/05/10)
辻村 深月

商品詳細を見る

子どもたちは夜と遊ぶ (下)子どもたちは夜と遊ぶ (下)
(2005/05/10)
辻村 深月

商品詳細を見る

  ★★★★

 面白かったです。この作家好きなのでなんでも受け入れちゃいます。はい。

 すみませんね。今日は腰がとんでもなく痛いので感想が変です。あらすじも腰が痛くて面倒なので書きません。ま、一言でいうなら、女子大生悲恋殺人鬼事件でしょうか。ん?それで大丈夫か?

 上下巻二段組700頁以上ありますからね。もういつ読み終わるかと不安でしょうがなかったです。「上」を読んでいるときは、なんだかちっとも進展しなくて退屈だなあと思っていると巧い具合に所々ハッとする興味深いエピソードがあったりして、結構面白かったです。だけど「下」はもうなんとしてでも気合を入れて読まなければいつ読了となるかわからないという切羽詰った事情と、ぎっくり腰のような腰の痛さに泣きながら、ひぃひぃ言って読みました。
ところが「下」のほうは、少々もたついてなかなか進まなかった「上」が嘘のように、いきなり面白くなってきて、あっという間に読み終えることができました。やれやれ。

 でも、ミステリを読んでいるというより、人間関係の難しさを心理描写たっぷりと延々と読まされるという感じですか。

 大学生と院生の話ですが、まるで女子高のノリで、友達付き合いの大変さを妙に細かく書いてくれてます。

 ええ、萌えました。懐かしかったです。

 こういう話は涎が出るくらいに(夢中で読むと自然と口が開いてくるのですよ)大好きなのでわくわくしましたね。

 ところでヒロイン月子ですが、いかにも優等生タイプの子で、作者としてはちょっと変わった設定をしてるつもりでしょうが、それが完全に滑っていて周りの男子からちやほやされているだけ面白味のない女の子でした。他の女の子も似たり寄ったりで、作者はこういう女の子が好きなのねと思わずにはいられませんでしたね。

 それに比べてただ一人でしたが、紫乃という自分勝手で妄想癖の困ったチャンがこの小説のスパイスになっていて面白かったです。でも人物の内面を書くのが非常に巧いので、この次は女子高のぐちゃぐちゃした人間関係を書いてほしいものです。

 ミステリについても一応書いておきましょうか。
 ネタは面白いです。
 倒叙になっていますので殺人者の視点で書かれているところは成る程と思うところもあるのですが、如何せん説得力に欠けます。もちろん犯人に同情するところもありますが、ただこんな理由で次々と殺人を犯すかなあというのがついて回ってラストが心配でした。が、真相が判って少しビックリでしたね。それと共に妙に納得してしまいました。

 ところで、C大というのは千葉大ですね。ここの「飛び入学」には以前から興味があったのですが、この制度について誰でも同じように考えてるというのが分かって面白かったです。作者は身近なネタを書くのが好きなようですね。教育学部もそうでしたし。

 まあ、いろいろ楽しませてもらいました。面白かったです。ああ、腰が痛い。
[コメントを書く]

# のぽねこ 『こんにちは、研究室でちょっと休憩しています。
本書の舞台も大学や大学院ですね。
なんだか、殺人事件の方の覚えはほとんど残っていないのですが、でこぽんさんのおっしゃる通り、ミステリを読んでいるというより、人間関係についての物語を読んでいるような気分になりました。というか、辻村さんの作品はミステリという枠にとらわれずに読みたいと思っています。
えっと、私の本作についての感想は、なんだか恥ずかしいようなことを書いておりますが、またトラバいただけると嬉しいです。こちらからもさせていただきたいですし。
では、失礼します。』

# でこぽん 『のぽねこさん、こんにちは。
毎日暑くて嫌になりますね。しっかり食べて健康には気をつけてくださいね。

これは舞台が大学院ですから、院生のぽねこさんは随分楽しめたのではないですか。
殺人事件のほうは、現場の状況が詳しく書いてありましたが、この本ではそんなことはあまり重要ではなかったので、きっと記憶には残らなかったのでしょう。ミステリという枠を超えた楽しみがありましたね。辻村作品のそういう内面描写がすごく好きです。
ではTBしますね。』

# でこぽん 『あれ?
のぽねこさんの記事にTBできませんね。
弾かれちゃいます。URLを記事に貼ってもダメでした。そういえばこの前の『エルの終わらない夏』もTBできなかったですね。う~ん。これはもう楽天にもTB出来ないということかしら。』

# のぽねこ 『あぁ、残念です。
以前はできていたのに、なぜでしょうね?(前から、こちらからはトラバできませんでしたが…)
では、マイレコの方にも記事をアップしていますので、よければそちらにトラバお願いします。私からもしてみますね。』

# でこぽん 『マイレコにTBしました。
「のぽねこミステリ館」のほうへは別ブログからTBさせてもらいましょうかね。いつになるかわからないですが。というより、こんな変な感想でいいのでしょうか?なんかもう書き直す気力がないのです。腰痛くて。。。』

# でこぽん 『きゃー!のぽねこさんからもうトラックバックがきたーーー!!!
え?なんで?なんで?
むちゃくちゃ速いんですけど。。。』

# のぽねこ 『えと、コメントした後、マイレコにいって、作業したのですが…。そんなに速かったですかね。
感想ですが、良いですよ。最初のあたりの自問自答など、評点の高い作品へのいつものでこぽんさんの感想とは、若干趣が違う気もしますが(笑)
お大事にしてくださいね。』

# でこぽん 『作業が早すぎです。参っちゃったなあ~。
感想はあんなんでイイですか?いや、あれはやっぱり改めてするのにはマズイでしょ。でも腰痛いから、もおダメです。

この作品は実はものすご~く気に入ったのです。本当にめちゃ面白かったのです。だから星ももっと付けるはずでした。けど、本当に腰が痛くて上手く読めなかったんですね。だからなんとなく星4個という中途半端な付け方になっちゃったのでした。
腰が痛いと感想もマトモニ書けないから嫌になっちゃうわ。(´`;;;』


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yookoo/20050628
『子どもたちは夜と遊ぶ(上・下)』 辻村深月 講談社ノベルス (の...
[コッパー]辻村深月「子どもたちは夜と遊ぶ」上・下
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『子どもたちは夜と遊ぶ』 辻村深月 講談社のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。