ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『新世界より』 貴志祐介 講談社 
2008.03.06.Thu / 13:40 
新世界より 上新世界より 上
(2008/01/24)
貴志 祐介

商品詳細を見る


新世界より 下新世界より 下
(2008/01/24)
貴志 祐介

商品詳細を見る

  ★★★★★

 とにかく読みまくった。

 果たして、未来の日本はどうなっているんだろうか。語ってくれるのは、現在35歳になるヒロインだ。上巻は、12歳だったあの晩から14歳で「生きなければ」と決意するまで。下巻は、10年前、多くのものが灰燼に帰した、あの日のことだ。

 1000年後の日本、人口は極端に少なくなり、北海道から九州までには9つの町しかなくなり、人口も5万ほどになっていた。子供たちは徹底的に管理され、成長するごとにサイコキネシスのような「呪力」という超能力を身につけていく。その「神」のような人間に仕えているのが、巨大化し高度な知能を持った“バケネズミ”だった。だが、人々の住む世界は限られ、“八丁標”という結界から外に出ることは禁じられている。情報は操作・調整され、図書館の閲覧は出来ないという、偏った知識の中で生活していたのだった。ある日、主人公を含む、5人の子供たちは、たまたま“ミノシロモドキ”という国会図書館を捕まえ、暗黒時代からの話や“業魔”や“悪鬼”の話を聞きだしたのが、そもそもこの物語の発端だった。まさかこれがこれほどのおおごとになるとは知る由もなかった。

 SFファンタジーなのであろう。舞台は1000年後の未来というのだが、ちょうど1000年前の平安時代に遡ったようだった。魑魅魍魎が跋扈した、あの時代だ。咄嗟に、そういえば安部清明は式神を操って、呪術で鬼を退治してたんだよなあと、ふと思い出した。他にもどこかで読んだことがあるような場面を彷彿とするのだが、SFとなればそれも仕方がないだろう。「呪力」を使って体を発火させたり、粉々にしたり、お互いの体を飛ばしたり、水の上を進んだりするのだから、これはもう漫画の世界と同じだ。面白いのは、そんな神のような強者に対抗して、「呪力」を持ってない弱者が立ち向かう姿だ。絶対的だと信じ、恐れられていた圧倒的な強者が、たった一人の異分子の出現で、あっという間に脆くも崩れ去っていく姿は、われわれの将来を考えるには充分だろう。なぜたったの1000年でここまで人口が減ってしまったのか、知識は力なりというが、それから学ぶことはなかったのか、自分は「人間だ」と叫ぶ者の気持ちが棘となって心に残り、それは生きるものの頂点に立つ「人間」の傲慢さに気づかされるのだった。

 上巻の子供の世界のほうが面白かった。大人になると、やはり無茶なことは出来なくなるのか、突飛な発想力で行動することが少なくなって、至って常識的なセリフや行いが多くなり、ファンタジーの醍醐味が薄れてしまったのが惜しい。といっても、娯楽性は十二分にあり、奇怪な生物に慣れている人には特に楽しんで読めるのではないだろうか。

 お薦め。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『新世界より』 貴志祐介 講談社のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。