ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『使命と魂のリミット』 東野圭吾 新潮社 
2007.01.10.Wed / 14:12 
使命と魂のリミット使命と魂のリミット
(2006/12/06)
東野 圭吾

商品詳細を見る

  ★★★

 凡作。
 
 ある目的のため、研修医の夕紀は心臓外科医を目指していた。過去に起きた父親の死の疑惑。と、現在起きている病院への脅迫事件の二つが同時進行で語られていく。「使命」を果たさなかったといって脅迫する犯人。目的を果たすべきときに手術室を危機が襲う。それぞれの「使命」とは。
 
 相変わらず、すいすい読める平易な文体。これ自体は読みやすくていいのだが、複雑な心理描写を期待しているわたしとしては物足りなく感じられた。と同時に、会話でストーリーを進めているようなところがあって、状況説明が多く、会話文にまったく魅力がない。後半、一気に盛り上がったものの、とくに前半にそれが見られ、盛り上がりに欠ける。この説明的な描写は、医療過誤という微妙な問題を扱っていることを考えると、もっと書き込んで欲しかったと思う。
 
 ミステリとしては大どんでん返しもなく、話の展開は予想できるものであり、大きな驚きはない。ただ、泣かせどころはしっかり押さえており、終盤は一気に読者を引き込んでゆき、目が離せない。東野圭吾の真骨頂がでて、面目躍如というところか。
 
 総じて、緻密な取材を随所に感じられたが、医療サスペンスとしては安易なヒューマニズムが感じられて厚みがなく、「使命」という言葉を頻繁に使うことで安っぽい小説になってしまっていた。流して書いたのでは、とまでは言わないが、東野圭吾に期待する気持ちが大きいため、そう思われても仕方がないのではないか。
 ということで、残念ながら最近の東野作品から期待されるようなカタルシスは得られなかった。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『使命と魂のリミット』 東野圭吾 新潮社のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。