ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ダンシング・ヴァニティ』 筒井康隆 新潮社 
2008.03.12.Wed / 23:44 
ダンシング・ヴァニティダンシング・ヴァニティ
(2008/01)
筒井 康隆

商品詳細を見る

楽天で詳細を見る

  ★★★★☆

 『富豪刑事』でグッバイして以来、およそ25年ぶりに筒井康隆を読んだ。その間どのように進化したか知れないのだが、やはり筒井康隆はぶっ飛んでいて面白かった。

 この『ダンシング・ヴァニティ』は、同じ記述が、一部を変えて何度も繰り返されて、少しずつ変調しながら話が進んでいく。そのため、何度も同じ場面を読むことになるのだが、自分は果たしてそれをすでに知っていることなのか、あるいは初めて読むことなのか、ときどき判らなくなる。めくるめくカオスっぷりは健在であり、どこへ連れて行かれるのか予想できない危うさを秘めている。ところが、このカオスが癖になり、気がついたときには、否応がなしに筒井ワールドにどっぷりと嵌ってしまっているのだった。

 主人公は、自分のことを気難しい美術評論家だという。読んでいる方としては、怒鳴ったり殴ったりしていても、まるでコメディとしか思えないのだが。その主人公だが、ベストセラーを出したと思ったら、戦争に行く羽目になって「匍匐前進」と指揮したり、「地雷原突破」と叫んで蟹のように足をがに股に開き、地雷原を避けて右に左に跳びはねてみたりと、こんな可笑しな己の人生を繰り返し語っていく。だが、あまりにも奇天烈なため、果たしてこれが本当に現実にあったことなのか、それとも夢のなかの出来事なのか、読者はあやふやな気持ちに陥る。ただ、人は歳をとるごとに昔のことを夢にみるのは確かであろうから、こんなことも一概に嘘だとは言えないと思う。そんなふうに、己の一生を考えながら、この小説自体が回想の体裁をとってゆく。すべてのことが次第にあやふやなものになってゆき、そして結末は、読むものを感動させるのだった。

 蛇足だが、なんというか、歳をとるというのは、やはり気弱になってしまうのかな、と思って、ちょっと寂しかった。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『ダンシング・ヴァニティ』 筒井康隆 新潮社のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。