ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『静かな爆弾』 吉田修一 中央公論新社 
2008.03.26.Wed / 12:00 
静かな爆弾静かな爆弾
(2008/02)
吉田 修一

商品詳細を見る

  ★★★★☆

 テレビ局でドキュメンタリー番組の制作している「俺」は、閉門しようとする公園で、ひとりの女性と顔見知りとなる。その女性は音のない世界にいた。いつしか彼女と恋人になり、音のない世界の住人がどういう在り場所にいるのかという驚きと心配をよそに、「俺」と彼女はメモ帳を介して会話をしていく。そんな緩やかな日常と並行して、バーミヤン渓谷の大仏破壊の真相を追っている「俺」の仕事は苛烈さを増していった。それゆえ「俺」は、彼女への気配りが後回しになり、気づいたときには、彼女からの連絡が途絶えていた。

 『悪人』から漂ってくるほどの激情は、本書にはない。しかし、本を閉じるとき、一片の言葉が棘となり、静かに静かに胸に突き刺さってくるのだった。なぜ本書を書いたのか、あるいは書かずにはいられなかったのか、静かな感動が押し寄せてくるのである。それは単に、耳の不自由な者との恋愛小説として本書があるわけではなかったからだ。「言葉」の必要性、役目、それをふたりの日常から、そして大仏破壊の真相を考えているうちに自ずと気づかされるのである。

 最初は、なぜ恋愛という甘い話のなかで、アフガニスタン・タリバン政権による大仏破壊の真相を追うなんて話が挿入されているのかと訝った。状況はわからないのだが、何度も何度もしつこく出てくるのだから、何か意味があるのだろうとは思ってはいた。もちろんそれは、仕事が忙しくなって恋人との関係がぎくしゃくしていく状況を表していたのだと判る。と同時に、最小限の言葉だけで相手を理解することがいかに大変なことであるのか、そして言葉というものがどれほど大切なものなのかを知らせてくれたのだった。伝わらない思いが鬱屈して溜まっていくのは、もやもやとした気持ちだけが残り、泥が胸に溜まっていくようで、誰においても悲しいことなのである。

 大仏破壊のニュースを見たとき、もったいないなと思った。なんでこんな無駄なことするのかと。しかし、なぜタリバンが国際社会を無視して大仏爆破を決行したのか、その暴挙の意味を深く考えることはしなかった。それはアフガニスタンという国に対して無関心だったからだ。だから、そこで何が起こっているのか真剣に考えることはなかった。無知は恐ろしいし、無関心というのは、どんな状況においても危ういものなのである。それは、その半年後に起こった9.11同時多発テロ以降世界で起こったことを考えてみれば、推して知るべしなのである。蜜月の恋人でさえ、言葉が足りなかったり、伝える努力を怠っていたら、その関係はあっという間に足元からがらがら崩れ落ちていくのだ。異なる文明で生きる人々に対して「無関心」にならないというがどれだけ大事なことであるのか、この小説を読み終わって感じたことである。

 お薦め。


*******************

 トラックバック
-「静かな爆弾 吉田修一」(粋な提案)
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
----

こんばんは。
「言葉」の役目やわずらわしさ、
矛盾することまでしっかり物語に組み込まれてて
技ありって感じた一冊でした。

こちらと「福袋」にトラックバックさせていただきました。
でも反映されてないみたいです(涙)。

コメント投稿で禁止キーワードが含まれています、と出たので
URLなしにしました。

- from 藍色 -

----

藍色さん

こんばんは。
いつもコメントとトラックバックありがとうございます。

すみません。
迷惑メールが湧いて出てくるのでコメント欄の禁止キーワードにURLの頭のほうを入れました。
自分で自分のコメント欄にレスするとき、禁止キーワードに引っかかってコメントができなかったことがあります。笑。

トラックバックが心配でしたが、やはり出来なかったですか。うーん。どうしましょ。
とりあえず本文のほうに入れさせていただきました。
これからは、大変お手数ですが、しばらくコメント欄に「ttp://~」でご記入願いたいのですが。申し訳ありません。
「福袋」のほうも本文に加えさせていただきました。
これに懲りずによろしくお願いいたします。

- from でこぽん -

----

ああ~そうでしたか。
URLまで調べてリンク張ってくださったんですね。
お手数おかけしました。ごめんなさい。そしてありがとうございます。

この上、こちらへのトラックバックまでお願いするのは横暴みたいで、心苦しいのですが、もしよろしかったらということでトラックバックURLを記入させてください(頭のh抜きです)。
「静かな爆弾」
ttp://1iki.blog19.fc2.com/tb.php/433-8e4d3ccc
「福袋」
ttp://1iki.blog19.fc2.com/tb.php/425-7ae866c3

- from 藍色 -

----

藍色さん

昨日トラックバックしたつもりでしたが、やり方がまずかったようで出来なかったです。
fc2からfc2へのトラックバックのやり方がわかりません。仕方がないので後で普通のやり方でやってみますね。

いろいろとお手数をお掛けしてすみませんでした。
これからもよろしくお願いいたします。

- from でこぽん -

   非公開コメント  
スポンサーサイト『静かな爆弾』 吉田修一 中央公論新社のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。