ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『中庭の出来事』 恩田陸 新潮社 
2007.01.13.Sat / 00:45 
中庭の出来事中庭の出来事
(2006/11/29)
恩田 陸

商品詳細を見る

  ★★★★☆

 「中庭にて」「旅人たち」『中庭の出来事』という三つのパートが交互に語られて、「中庭にて、旅人たちと共に」で、エンディングを迎える。
 
 いつものように非常に上手い出だしで、読者をひきつける。そして読者は、魅力的なエピソードにくらくらしながら、わけもなく恩田ワールドに引き込まれてゆく。
 
 読み始めてすぐに、不可解な死を遂げた脚本家の死の謎がでてくる。その「真相」を二人の女が語ってゆくのだが、「女」という記号を使っているため、果たして真実はどこにあるのか、いったいこれから何が起こるのか、漠然としていて、不安感でいっぱいになっていく。と思うと、ここで、片方の女に異変が起こる。
 
 それぞれのパートが中庭に関係しており、殺人も起きているらしいが、各パートとの関連性が見えてこず、そのまま読み進めるしかない。挙句の果てに、三人の女優が出てきて演劇が始まるのだが、まるで「チョコレートコスモス」のような雰囲気である。このお芝居の部分が本格ミステリか。いや、どうもそう言い切ってはだめなようだ。   
 
 パートごとに、なんどもなんども同じ話を語り手を変え、少しずつズラしながら語ってゆくのである。そのため、話が幾重にも折り重なって、まるで入れ子状態である。読者はだんだんと不安になり、足元はぐらぐらしてゆく。仕舞いには、いったい自分は何の謎解きをすればいいのか、また何を信じて読んでいけばいいのか、眩暈までしてくる始末である。
 
 虚構と謎に満ちた話である。恩田特有の妖しく美しい表現が散りばめられ、物語はますます魅惑的になってゆく。それと共に謎は謎を呼び、いよいよ藪の中?ああ?
 ということで、エンディングで怒らないように。
 なかなか素晴らしい作品。恩田ファンにお薦めしたい。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『中庭の出来事』 恩田陸 新潮社のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。